TOP > 外房勝浦地磯で納竿(2008.12.28〜29)
 ← 今年最後の釣魚を喰らう! | TOP | 口太めじなを喰らう!

リストマーク スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


リストマーク 外房勝浦地磯で納竿(2008.12.28〜29) 

2008年12月29日 ()
 無事に納竿の儀をO君と執り行いましたのでご報告いたします。今年の納竿は熟考の末、勝浦地磯でのナイトウェーディングとなりました。最近お気に入りの興津地磯でなく勝浦地磯「TS」としたのは新たな可能性にかけた為です。狙いは勿論メジナ&クロダイの良型!!です。今回は背負子をチューンアップし、自分で竿とタモの収納ケースを取り付けてみます。
[当日の海況]
天気:
風向:北西の風
波高:2mうねりあり
潮位:大潮(干潮23:22、4?)
水温:17℃
 この磯は、エントリー場所から岬の際を果てしなく海中(腰まで浸かる!)散歩します。やや溝越えもあり、夜はちとヒヨリがちになりますが、潮通し抜群でほぼ沖磯感覚。外房伝統の1級磯です!しかし、近付くにつれて、磯にウネリが押し寄せて波が所々抜けているのが見えます。どうしようかO君と相談。ここは勇気ある撤収か?とも思いましたが、取り敢えず磯の裏まで行ってから考えてみよう!との安易な結論にたどり着きました。勿論、他の釣り人の姿は見えず。酔狂なのは我々のみ。そりゃぁこの寒い中来るわけないわなぁ。Pc290030
[使用タックル]
ロッド:メガドライM2 1.7号5.3m(ダイワ)
リール:トーナメントISO Z3000LBD(ダイワ)
道 糸:アストロングレイトNT 3.25号(ダイワ)
ウ キ:昼夜兼用リチウム立ちウキ0.8号BF-8401(ナショナル)
ハリス:タフロングレイトカスタム3号(ダイワ)
ハ リ:ひねくれチヌ2号(がまかつ)
コマセ:オキアミ3?+アミ3?
配合餌:イワシパワーグレ遠投(ダイワ)
エ サ:くわせオキアミスペシャルM(マルキュー)
 潮位が下げるにつれて、波も少し収まり、やっぱり21:00釣り開始。でも、ときたま膝下まで波が来ます。少し怖い。最初の反応はお決まりのグフ。ハリの塗装をこれでもかと?げさせていきます。ようやく他の釣り人のライトも見えますが、皆、別の場所へ向かいます。
 コマセが効き始めると、アジ!アジ!そしてゴマサバ!次第にサバ天国になってしまいました。アジサバを避ける努力を色々してみましたが、ウネリが強く、仕掛けを際に安定させられません。それならばと荒れてるときのヒラスズキ狙いでルアーを投げるも、無反応。1:30撤収。撤収の際に、今回投入の自作の竿収納が負荷に負けて破損。慌てます。片手に竿持って歩くのは今日の水位だとちょっと危険です。収納ケースは何とか背中に差し込み応急処置。Pc290032
 途中、最大の溝付近で滑落し、危うく沈。というかほぼ沈。ずっこけた瞬間、後ろでO君が「お〜っ!だいじょぶかぁ〜?」と声を掛けてくれます。なんとか体勢を立て直し復活。ふぅ〜っ!だいじょぶじゃな〜い!!びびった〜っ。その後、O君もコース取りを間違え(というか、どうしても本能的に岸寄りを歩きたくなる)、へそ下まで浸かります(写真はその時の模様)。しかし、夜のライトで照らされる青緑色の藻は何なのだろう?ちょっと不気味な感じがします。岸について、陸地の偉大さを感じます。坂を上り、何とか車に戻り、O君と健闘をたたえ合います。そういえば、O君、磯で一つ年をとりました。
[釣果]
マアジ:20〜24?14匹、ゴマサバ:34〜36?10匹、クサフグ:少々
 さすが外房1級磯!魚影が濃かったです。アジサバだったけどね。でも、楽しく納竿できたので良し!翌日の通常勤務が異様に辛かったけど・・・。さぁて、釣り初めはどこにするかなぁ。
にほんブログ村 釣りブログ 磯釣りへ


スポンサーサイト
[2008.12.29(Mon) 19:21] 釣行記(房総)Trackback(0) | Comments(2)
↑TOPへ


COMMENT

昨日12月29日午後1時過ぎに高磯に到着、しか... by アングラー
2時間粘って結局25センチ前後5匹で
家に帰りました。メジナは家族から人気
です。

アングラーさん: by はじめ
 水温も下がってきてメジナの適水温になってきました。2時間で5匹とはなかなか活性が高かったようですね。八幡磯は潮位があっても入れるので重宝しますよね。私も寒の時期にはトライしようと思っています。
 今回の我々の場合、夜は表層:サバ、中層:アジでその下には狙うターゲットがいたと思うのですが、アジサバが多すぎてそこまで餌が届かなかったようです。アジサバ釣る気なら無限に釣れそうでした。

コメントを閉じる▲

 ← 今年最後の釣魚を喰らう! | TOP | 口太めじなを喰らう!

COMMENT

2時間粘って結局25センチ前後5匹で
家に帰りました。メジナは家族から人気
です。
[ 2008.12.30(Tue) 03:12] URL | アングラー #79D/WHSg | EDIT |

 水温も下がってきてメジナの適水温になってきました。2時間で5匹とはなかなか活性が高かったようですね。八幡磯は潮位があっても入れるので重宝しますよね。私も寒の時期にはトライしようと思っています。
 今回の我々の場合、夜は表層:サバ、中層:アジでその下には狙うターゲットがいたと思うのですが、アジサバが多すぎてそこまで餌が届かなかったようです。アジサバ釣る気なら無限に釣れそうでした。
[ 2008.12.30(Tue) 06:44] URL | はじめ #79D/WHSg | EDIT |

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

この記事のURL:
http://hajimenoisodurikikou.blog.fc2.com/tb.php/144-eaa9851a
 ← 今年最後の釣魚を喰らう! | TOP | 口太めじなを喰らう!

プロフィール

最新コメント

タイドグラフ

カテゴリ

渡船・船宿など

山関係のリンク

お気に入りブログ

チーム記録

月別アーカイブ

QRコード

ブロとも申請フォーム

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。