TOP > 神子元島で夜釣り(2005.6.18~19)
 ← 文字化け | TOP | 「M」で夜釣り(2005.6.4~5)

リストマーク スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


リストマーク 神子元島で夜釣り(2005.6.18~19) 

2005年06月20日 ()
  今年最初のイサキの夜釣りに行ってきました。南伊豆はこの時期ゴマサバが寄っていて大変ですが、過去の経験で神子元島でゴマサバで困ったことがないし、イサキもあぶれたことがありません。渡船料金はちょいと高めですが、場所は神子元島とします。メンバーはO君、M君、Y君そして私です。久々2年ぶりのカルテット集合です。6月18日のAM6:45にO君とY君は私の自宅に集合し、7:15に出発です。M君とは8:00に海老名SAで待ち合わせです。途中渋滞もありましたが割とスムースに海老名に到着。 M君はまだなので、先に小田原マリンで支度しながら待つことにします。
  昼用コマセのみ準備して、夜用のアミコマセは渡船の伊豆下田フィッシングに4人で40?頼むことにします。昼・夕用として私はオキアミ9?を購入、配合餌はゼロクロスとメガミックスグレとしました。途中マックでドライブスルーしたり、コンビニでご飯を買ったりしつつ、AM11:40に伊豆下田フィッシング到着です。PM1:00出船なのでゆっくり支度が出来ます。撤収はAM4:00くらいですのでなんと14時間釣り出来るのです。PICT050620-1
  私・M君・Y君にとっては1年ぶり、O君に至っては5年ぶり?の神子元島です。「カリトの鼻」を希望しますが、
船長:いいけど、風がこれ以上強くなったら朝は「江の口」まで山を越えて歩いてきてもらわないと駄目だよ
とのこと。これを聞いて他のグループは江の口に降りていきます。我々は相談の結果、カリトの鼻に強行突入です。
  降りると確かに正面から南西風が来ますがそんなに気になりません。というか蚊が来なくてちょうどいいです。昼釣りの人たちに聞くと、船付けはいまいちで、本場側では魚は浮いてこないけどメジナが際で釣れたとのことです。昨年M君と行って好調だった(数・型とも船付けより良かった)本場1号向かいにM君・Y君が入り、船付けにO君・私が入ります。昼釣りの人が帰ってから釣り開始です。PICT050620-2
PICT050620-3
  O君、私ともゼロスルスル仕掛けで始めます。O君が「第1投で来ちゃったりして」といっていると、ホントに来ちゃいました。今年初のイサキです。上機嫌で写真のポーズをとってると、魚が暴れて放流です。肩を落とすO君でした。そのすぐ後に、私に大きな当たり!根元にぐんぐん突っ込んでいき、竿をためたところ、ハリス切れです。またしてもギューちゃんです。いったいどんな魚でしょう?その後は沖目の潮目でイサキがポツポツと来ます。タナはかなり深めです。たまに私に良型のアオブダイやら、ニザダイが来ます。本場側の方は、いいサラシが出来てますがアタリは無いとのことです。薄暗くなるにつれてイサキの型が小さくなるのと、風が弱くなって蚊の攻撃がひどくなってきたので、試しに本場側のM君の隣に入ります。M君によると、ムツっ子を泳がせてたら鮫が掛かったそうです。タモ入れでタモが壊れたと悲しんでいました。こちらでは大体竿1本くらいのタナで、一投につき一匹イサキが釣れてきます。6匹くらい釣ったところで、大きめな引きが。慎重に寄せると、良型の口太メジナでした。PICT050620-4
  概して本場側の方が調子が良さそうですが、うねりが押し寄せてきてたまに足下を洗っていきます。ちょっと怖目です。休憩の後、夜釣り突入です。とりあえず船付けに戻ってやりますがアタリなしです。さらにはゴマサバ来襲です。やっぱり本場側に戻ってやると、イサキがポツポツ釣れてきます。皆にそれを告げるもうねりのためあまり乗る気ではありません。M君のみ本場側に移動してきます。M君も順調にイサキを釣っていきます。M君の顔から悲壮感が消えていきます。グッドです。0:00過ぎに眠いのと、ちょっと飽きたので仮眠します。その最中に私のバッカンは流されてしまいました。O君は超遠投で巨大ゴマサバを仕留めてました。残るはY君です。かつては自称「イサキ王」と言っていたほどイサキと相性は良かったのですが、今日は良くありません。竿も折れたり、日が悪いようです。明け方、執念でイサキをゲットしました。パチパチ。
  総評:私の口太メジナは41?、1.2?でした。スマートな雄でした。イサキは20~32?が20匹でした。途中で止めなければもっと数はいっていたでしょう。ただ、久しぶりに行くと南伊豆は遠い!遠い!その日から腰痛がひどいです。熱海くらいに下田があればいいのに。さらにイサキの夜釣りは3K(暗い、汚い、痒い)だったことを再認識しました。イサキは嫁の実家で父の日ということで、義母に料理して頂きました。味は例年並みでしょうか。まあまあ脂は乗ってました。20匹中、オスは2匹でしたが、相変わらず白子は絶品でした。





スポンサーサイト
[2005.06.20(Mon) 07:20] 釣行記(伊豆)Trackback(0) | Comments(2)
↑TOPへ


COMMENT

おつかれさま。 by o
さばは、49センチで、半分は、しめさば、半分はみそに込みにしました。
あまりあぶらはなかったけど、おいしかったよ。
いさきは中2ひき、しょう4ひきでした。
中サイズはお刺身、小サイズはフライにしました。
メジナは29センチで、お刺身にしました。
おいしかったよ。またいこうね。

釣行、お世話になりました。 by Y
4人揃えばいつでも学生時代そのままだね。
今回は10年の思い入れのある竿が折れてへこんだけど、
使っていれば折れるよね。
あの夜、家ではオリジナル火鉢で鮎を炭火で焼いたので、
イサキも炭火焼にしました、美味!
卵は煮付けにして、珍味でした!
写真ありがとうね、ではでは。

コメントを閉じる▲

 ← 文字化け | TOP | 「M」で夜釣り(2005.6.4~5)

COMMENT

さばは、49センチで、半分は、しめさば、半分はみそに込みにしました。
あまりあぶらはなかったけど、おいしかったよ。
いさきは中2ひき、しょう4ひきでした。
中サイズはお刺身、小サイズはフライにしました。
メジナは29センチで、お刺身にしました。
おいしかったよ。またいこうね。
[ 2005.06.22(Wed) 09:43] URL | o #79D/WHSg | EDIT |

4人揃えばいつでも学生時代そのままだね。
今回は10年の思い入れのある竿が折れてへこんだけど、
使っていれば折れるよね。
あの夜、家ではオリジナル火鉢で鮎を炭火で焼いたので、
イサキも炭火焼にしました、美味!
卵は煮付けにして、珍味でした!
写真ありがとうね、ではでは。
[ 2005.06.22(Wed) 17:10] URL | Y #79D/WHSg | EDIT |

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

この記事のURL:
http://hajimenoisodurikikou.blog.fc2.com/tb.php/19-340ac6d2
 ← 文字化け | TOP | 「M」で夜釣り(2005.6.4~5)

プロフィール

最新コメント

タイドグラフ

カテゴリ

渡船・船宿など

山関係のリンク

お気に入りブログ

チーム記録

月別アーカイブ

QRコード

ブロとも申請フォーム

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。