TOP > ワイン第2回:カナダのアイスワイン
 ← 八丈島遠征(2005.11.17~19) | TOP | ワイン第1回:DujacのMorey St-Denis Vin Gri 1994年

リストマーク スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


リストマーク ワイン第2回:カナダのアイスワイン 

2005年11月13日 ()
  第2回はデザートワインです。デザートワインははっきり言って禁断の世界です。女性と二人でしっぽり飲むシチュエーションで、これほど有効なワインはないでしょう。ただし、極上品に限りますが・・・。安物のデザートワインだとやっぱり御利益は望めません。ただ、男子たる者、赤ワインには大枚はたけるのですが、なかなかどうして、デザートワインに投資するのは勇気が要ります。どんなにシャトー・ディケム(Chateau d'Yquem)がおいしいと言われても、値段を見ると、ボルドーやブルゴーニュの逸品に目がいってしまいます。
  アイスワインとは、いわゆる貴腐ワインとは違って、寒冷な気候で自然と凍結してしまったぶどうをそのまましぼることで果汁濃縮させてつくります。地球温暖化の影響で最近はヨーロッパではなくカナダで極上品が生産されています。シャトー・ディケムが「ぶどうの木1本からワイングラス1杯しかできない」と言われていますが、もちろんアイスワインも同様で、やっぱり結構なお値段です。PICT0015
  今回は2本ご紹介します。嫁が通販で買ったものです。買うというので値段もあまりチェックせずOKを出しました。まずは「Henry of Pelham Family Estate Winery の Riesling Icewine」(写真右)です。リースリング種のアイスワインです。1988年創業の比較的新しい作り手ですが、非常に評判がよいです。色は軽い黄金色で清涼感があります。香りは、素晴らしいっ!!。洋なし主体でかなり清廉な印象です。味もアタックからアフターフレーバーまで完璧です。次は「Konzelmann Estate Winery の Vidal Icewine」(写真左)です。これはカナダで広く栽培されているヴィダル種のアイスワインです。1893年創業の伝統あるワイナリーです。色は濃い蜂蜜色で、香りは、もう、アプリコット!、ピーチネクターですね。味は濃厚!だけどいやらしくな〜い。2つともタイプが全然違うけど、2つとも最高だっ!カナダのアイスワインに関して目から鱗が落ちました。これを毎晩飲んで寝たいなあ、と思いましたが、確認してみると1本(375ml)1万円でした。道理で旨いはずだあ。


スポンサーサイト
[2005.11.13(Sun) 21:04] Trackback(0) | Comments(0)
↑TOPへ


 ← 八丈島遠征(2005.11.17~19) | TOP | ワイン第1回:DujacのMorey St-Denis Vin Gri 1994年

COMMENT

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

この記事のURL:
http://hajimenoisodurikikou.blog.fc2.com/tb.php/28-f54b6d3e
 ← 八丈島遠征(2005.11.17~19) | TOP | ワイン第1回:DujacのMorey St-Denis Vin Gri 1994年

プロフィール

最新コメント

タイドグラフ

カテゴリ

渡船・船宿など

山関係のリンク

お気に入りブログ

チーム記録

月別アーカイブ

QRコード

ブロとも申請フォーム

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。