TOP > ヒラマサとブリの鑑定方法決定版!
 ← ひらまさの鍋照り焼き | TOP | 神津島祗苗島「エボシ」で泳がせ釣り〜後編(2010.9.19)

リストマーク スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


リストマーク ヒラマサとブリの鑑定方法決定版! 

2010年09月20日 ()
P9200501 ヒラマサとブリ。ブリとヒラマサ。似ている両者ですが、皆さんご存じのように、ブリの旬は冬!寒ブリですね〜。一方、ヒラマサは夏が旬(別名 夏ブリ)。ブリは養殖も盛んですが、ヒラマサは成長が遅く養殖向きの魚ではないとされています。そしてヒラマサの方がブリより高級魚!ということになっています。似ているこの両者は意外とプロでも経験則で判断しがちで、「平べったいからヒラマサ!」とか何となく区別されることもあるみたいです。今回、青物初心者が徹底的に分類してみましょう!
P9200505 今回の魚、105センチでしたが、死後硬直で曲がってしまったし、生きているときはもう少し大きかったのでしょう。口の中を見ると、メインフックとアシストフック両方が針掛かりしていました。さて鑑別です。一般に、ヒラマサの方が、ブリより体型が扁平で小顔、黄色いラインがくっきりしている、とされていますが、同サイズのブリ&ヒラマサの両方ないと扁平、小顔、ラインくっきりかどうかなかなか判別できないものです(大型魚だと、頭も大きくなる)。
P9200502 まず鑑別ポイント?です。よく雑誌に出ている方法ですが、上顎の上後端が丸いか、角張っているか、というものです。丸いとヒラマサ、四角いとブリ。これも、両者の比較では分かりやすいのでしょうが、一匹だけだと分かりづらいと思います。
P9200504 鑑別ポイント?は胸びれと腹びれの長さです。ヒラマサの方がヒレが黄色っぽくて、胸びれより腹びれが長いそうです。ブリだと同じ長さだとか。これも比べればそうですけど、一発で分かりやすいものではありません。
P3090352P9200503 さぁ、最後の鑑別ポイント?ですよ。これが鑑別の決定版!見ればすぐ分かります。「ヒラマサは胸びれが黄色いラインに必ず掛かっているが、ブリは決して掛からない!」のです。体全体が写っている方がイナダ(ブリの若魚)ですが、胸びれが下側についていて、黄色いラインにかからないのです。アップのヒラマサはバッチリかかっていますねぇ〜。これは分かりやすい。写真とかでも一発鑑定ですわ〜。皆さんも参考にしてみて下さい。
にほんブログ村 釣りブログ 磯釣りへ
にほんブログ村
にほんブログ村 釣りブログ グレ・メジナ釣りへ
にほんブログ村








スポンサーサイト
[2010.09.20(Mon) 14:59] 釣りTrackback(0) | Comments(4)
↑TOPへ


COMMENT

どれどれ、もう一度ヒラマサ君を見ようと訪問した... by M
どれどれ、もう一度ヒラマサ君を見ようと訪問したところ、さらにup!しかし、目からウロコの見分け方ですね。私は、上顎の形しか知りませんでした。これは使えますね!

M君: by はじめ
この鑑定方法は分かりやすい割に、有名ではないでしょ!
船長が変なこと言うから、帰りに、ブログ中にあったo君の準会員発言も出たし、私も「ブリだとしても凄いでかいよね~」とか予防線張ってしまったではないか。
でもヒラマサ!でよかった~。

釣り人生最大魚! おめでとうございます^^ by masaya
1mで10kgですか!?
そんなのが竿の先についてて暴れてるんですよね??
う~む、全く想像が出来ません。未知の領域です(笑)

ヒラマサとブリの見分け方で上顎は聞いた事がありましたが、胸鰭の方は知りませんでした。
なるほど、それならハッキリと見分けがつきますね~。

ヒラマサは数回程度食べた事がありますが、確かにやや上品で美味しかった記憶があります。
料理の方も楽しみですね^^


masayaさん: by はじめ
ありがとうございます!
釣り人生最高の瞬間でした。釣りやってきて良かった!
引きは想像通り凄いです。体全体でやり取りする感じで、左腕の筋肉痛が特にひどいです。
料理も一杯作れそうです(笑)。
masayaさんも泳がせどうでしょう?

コメントを閉じる▲

 ← ひらまさの鍋照り焼き | TOP | 神津島祗苗島「エボシ」で泳がせ釣り〜後編(2010.9.19)

COMMENT

どれどれ、もう一度ヒラマサ君を見ようと訪問したところ、さらにup!しかし、目からウロコの見分け方ですね。私は、上顎の形しか知りませんでした。これは使えますね!
[ 2010.09.20(Mon) 21:40] URL | M #79D/WHSg | EDIT |

この鑑定方法は分かりやすい割に、有名ではないでしょ!
船長が変なこと言うから、帰りに、ブログ中にあったo君の準会員発言も出たし、私も「ブリだとしても凄いでかいよね~」とか予防線張ってしまったではないか。
でもヒラマサ!でよかった~。
[ 2010.09.21(Tue) 06:14] URL | はじめ #79D/WHSg | EDIT |

1mで10kgですか!?
そんなのが竿の先についてて暴れてるんですよね??
う~む、全く想像が出来ません。未知の領域です(笑)

ヒラマサとブリの見分け方で上顎は聞いた事がありましたが、胸鰭の方は知りませんでした。
なるほど、それならハッキリと見分けがつきますね~。

ヒラマサは数回程度食べた事がありますが、確かにやや上品で美味しかった記憶があります。
料理の方も楽しみですね^^

[ 2010.09.21(Tue) 07:55] URL | masaya #79D/WHSg | EDIT |

ありがとうございます!
釣り人生最高の瞬間でした。釣りやってきて良かった!
引きは想像通り凄いです。体全体でやり取りする感じで、左腕の筋肉痛が特にひどいです。
料理も一杯作れそうです(笑)。
masayaさんも泳がせどうでしょう?
[ 2010.09.21(Tue) 13:41] URL | はじめ #79D/WHSg | EDIT |

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

この記事のURL:
http://hajimenoisodurikikou.blog.fc2.com/tb.php/281-cd703806
 ← ひらまさの鍋照り焼き | TOP | 神津島祗苗島「エボシ」で泳がせ釣り〜後編(2010.9.19)

プロフィール

最新コメント

タイドグラフ

カテゴリ

渡船・船宿など

山関係のリンク

お気に入りブログ

チーム記録

月別アーカイブ

QRコード

ブロとも申請フォーム

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。