TOP > 釣りに対するスタイル
 ← 八丈島遠征(2005.4.16〜17) | TOP | 磯デビュー&自己記録

リストマーク スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


リストマーク 釣りに対するスタイル 

2005年04月13日 ()
  こんなブログでも読んでくれた人があることに感動しました。奇特な御仁ですね。ありがとうございます。釣友からはメ−ル送ったのですが、返事なしです。
  さて、私は磯釣り(上物)がメインですが、たまに底物もやりますし(無論ただ狙うだけ)、ヒラスズキを狙って何度か磯でルアーを振ったこともあります。ヒラスズキは、荒れれば荒れるだけ良い、とか無責任?なことが本に書いてあるので荒れた日を狙っていきましたが、たいてい波の迫力に負けて、やたら手前の非常に安全な、普段はやる気も起きないような所でしか竿を出しません。ヘタレな自分が恨めしいです。
  堤防釣り(アオリイカがメイン)、船のジギングもやります。ジギングは鹿島のイナダに年1回行きます。風物詩のようになってます。八丈でもやりましたがアカハタのみでした。船釣りはジギング以外、基本的にやりません。何故なら、船の上ではジグの交換までが精一杯だからです。かつて、手こぎボートのシロギス釣りで、船酔い地獄に堕ちた苦い思い出があります。ちなみに船に乗ってる分は平気なので、沖磯・遠征はOKです。なぜ磯釣りが好きか?磯釣りは男のロマンがあるから!、などといっても、結構船に弱い人が多い気がしますが、気のせいでしょうか?
  それでも、磯釣りでの、景色を含めたロケーションは最高です。ゴロタ場でメジナが釣れるといっても、やはり磯で釣りたいのです。そういう意味で、釣っていて気持ちがいいのは、伊豆だったら、やっぱり南伊豆石廊崎付近、伊豆諸島ならどこも磯の雰囲気がありいいですねえ。さらに、磯で釣る魚の方がおいしい、ということもあります。同じ尾長でも、磯で釣れたのと沖で釣れたのではなぜか味が違います。イサキやアジなどでもそんな気がします。まあ、保存が悪くて磯臭いこともありますが・・・。
  沖磯と地磯、天国と地獄、そんな対比になってしまいますが、私はわりと地磯歩きも好きです。確かに、「こんなとこ行こうとするんじゃなかった!」とか「コマセを用意しすぎた!」とか思ったり、「なぜ、ここで命をかける必然性があるのだろうか?」と途中で疑問を感じたり、山中で迷って泣きそうになったりしますが、地磯歩きは磯に着いただけで満足してしまう麻薬的な魅力があります。着いただけで満足してしまうので、当然、釣果は今ひとつになります。そのため、釣友O君は、メバル1匹の貧果に「こんなとこ、二度と来ねえ!」と吐き捨て、本当に誘っても二度と来てくれなくなりました。しかし、今年も、バイブルである村越先生の「地獄の地磯めぐり」を片手に地磯にも行きたいと思います。「いつか地磯でヒラスズキ!」「いつか地磯でデカメジナ!」と念じながら。

スポンサーサイト
[2005.04.13(Wed) 16:11] 釣りTrackback(0) | Comments(0)
↑TOPへ


 ← 八丈島遠征(2005.4.16〜17) | TOP | 磯デビュー&自己記録

COMMENT

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

この記事のURL:
http://hajimenoisodurikikou.blog.fc2.com/tb.php/3-e8a7a06c
 ← 八丈島遠征(2005.4.16〜17) | TOP | 磯デビュー&自己記録

プロフィール

最新コメント

タイドグラフ

カテゴリ

渡船・船宿など

山関係のリンク

お気に入りブログ

チーム記録

月別アーカイブ

QRコード

ブロとも申請フォーム

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。