TOP > 八丈島「黒崎」(2011.1.10)
 ← 赤羽太の薄造り | TOP | 八丈小島「セイズコウ」(2011.1.9)

リストマーク スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


リストマーク 八丈島「黒崎」(2011.1.10) 

2011年01月11日 ()
P1100576 前日の釣果は八丈島としては納得できない釣果ですが、冬の八丈島はグッドコンディションで釣り出来る事は少なく、小島に行けただけで良し、と考えます。「尾長じゃない!とか文句を言わず、その時釣れる魚を一生懸命釣る」ということが大事です(ちょっと思っちゃうけど・・)。魚の掛かりも唇一枚ということが多く活性は低かった模様。さぁ、どこに行こうか?
[当日の海況]
天気:時々時々
風向:北西の風強し
波高:2.5m→3m
潮位:小潮(満潮8:34、111?、干潮14:36、47?、)
水温:18.8℃
P1100577 港に着くと風は夜に比べて落ち着いていますが、ウネリは残っているよう。そしてお客さんの数!小島に乗れない可能性を考え、ウロウ根方面に向かいます。もろこやから我々含め5名が向かいます。渡船は光進丸。洞輪沢港からの出船。こちらは無風で鏡の様な穏やかな海。船に弱い(前日小島でやられたらしい)お客さんが港から一番近いウロウ根に。残りの3人が黒崎へ。今日も昨日に引き続き常連oさんが隊長です。
[使用タックル]
ロッド:がま磯インテッサG-IV遠征2号5.0m(がまかつ)
リール:トーナメントISO Z3000LBD(ダイワ)
道 糸:アストロングレイトNT 3.25号(ダイワ
ウ キ:藤原ウキ超ハード S B→L B,G2
ハリス:松田SP BL-ST3→4号(サンライン)
ハ リ:Type尾長速攻8.5号(がまかつ)
    剣華グレX8〜9号(オーナー)
コマセ:オキアミ12キロ
配合餌:遠投ふかせTR(マルキュー)
エ サ:くわせオキアミスーパーハードL(マルキュー)
    ツインパックLL(ヒロキュー)
P1100578 今日は地磯ということもあり、細めのタックルです。ここは口太メイン。カンムリベラが多いところです。高場の先端から常連oさん、o君、私と並んで入ります。潮はゆっくり左から右へ。低場はまだ無理そうです。開始早々、常連oさんがイスズミをゲット。2.5ヒロから始めた私にもイスズミの後、30?級の口太がヒット。今日は活性が高いようです。するとo君に強いアタリ。良型のめじなに喜ぶo君。でもよく見るとオキナメジナでした。ウシグレとかスカエースとかひどい渾名です。すかさずo隊長「なんだ、豚めじなじゃん!」。もっとひどい言われようです。o君もがっくり。実は恥ずかしながら私はいままで釣ったことが無く、一度は釣ってみたい魚です。
P1100580P1100579 その頃から風が強くなり、雨も降ってきます。ウキをSからLにサイズアップ。小島をあぶれた(横瀬も被って乗れず、一の根の一部と、階段、セイズコウだけだったようです)ウキテスターが2名合流し、低場へ入ります。晴れ間が出ると虹が綺麗。そして、フードを忘れたo君は上州屋のコンビニ袋を頭から被って雨をしのぐ。懐かしのカリメロのようで一同爆笑。
P1100583P1100582P1100581 風が強い間は釣りにならず休憩し、バーナーでコーヒー&カップ麺タイム。ほんと生き返ります。気を取り直して釣り再開するとやっと40?弱の口太が来ます。これから八丈では40オーバー以外は持ち帰らない!と強気の誓いを立て、昨日の40弱もリリースした私。それなら俺によこせ!とo君が言っていたのを思い出し、o君用にキープ。さらには定番のカンムリベラ。そして、念願のぶためじな(爆)。50?級の良型です。太ってて可愛い。口で指をハミハミしてもらうと癒されるって、もろこや重ちゃんが言ってたなぁ。
P1100585P1100584 その後はカンムリ地獄。良型揃いで苦しめられます。私もでかすぎてハリスを飛ばされたり、高切れしてウキを流す始末。o君は快調に?良型カンムリを仕留めていきます。最大は65?3?以上。しかし悲劇が訪れます。愛用の高級タモを折ってしまうというアクシデント。カンムリの馬鹿っ〜!o君は怒りの余り、伝家の宝刀「がま磯 慶良間SP」を取り出し、「全部ぶっこぬいてやる!」と意気込みます。しかし、60オーバーの抜き上げはやっぱり無理でしたな(泣)。
P1100586 o隊長が低場の人を見に行くと爆釣だそう。こちらもやる気を出しますが、いかんせん風が強すぎる。執念で良型の口太を仕留め満足します。最後に良型カンムリベラに糸を切られウキをロストして終了。
[釣果]
口太めじな:44?1.35?1匹、38?1匹(キープ分)
      28〜32?6匹
おきなめじな:42〜50?2匹
かんむりべら、いすずみ少々、バラシ少々(はじめ)
おきなめじな:45?級1匹
かんむりべら多数、いすずみ少々(o君)
P1100587_220110110_3 なんだかんだ言って2回とも渡船出来て良かった。尾長は釣れなかったけど魚の引きはたっぷり味わえた。八丈の口太は伊豆に比べて背が青い気がする。海が透明だからなのかな。ともかく八丈の海に感謝!次回は3月。平日絡みで行くので混雑しない小島に行けるといいな。そこで巨大尾長と出会いたいな。しかし、もろこや車両の横のロゴデザイン。最高!親父さんそっくり。シロ(秋田犬♀)も良い味出してるね!
にほんブログ村 釣りブログ 磯釣りへ
にほんブログ村
にほんブログ村 釣りブログ グレ・メジナ釣りへ
にほんブログ村










スポンサーサイト
[2011.01.11(Tue) 14:38] 釣行記(伊豆諸島)Trackback(0) | Comments(8)
↑TOPへ


COMMENT

はじめさん、向かってからもろこやのHP毎日見て... by 一太郎
この時期、行けただけ良いですよ。
私は過去、行けずに羽田でUターンもありました。
結果関係ナシにロクマルの夢を追って八丈、最高です。


一太郎さん: by はじめ
有難うございます。
八丈といえども1月2月は海況&天候次第ですよね~。
私のいる間は、尾長はほんと小型のみでしたね。次回は3月の予定です。それまでは、西伊豆で真鯛?狙ってみます。

はじめさん、たびたびすいません。 by 一太郎
もろこやの車両に貼ってあるロゴの件ですが
「シモダテ!問答無用!5人!」と書いてありますが
どういう意味でしょうか?
シモダテは5人まで?という意味。
もしくは、まったく意味がなく人気磯のただ
名前を言っている?.......
今、寝ようと思ってはじめさんのブログ読み返していたら
凄く気になったので。

一太郎さん: by はじめ
あはは、ご存じの通り、八丈の磯は早い者勝ちなのです。朝、船長に希望の磯を言うときに、言うタイミングが微妙にあるようで素人が早めに言っても「まだまだ!」とか言われちゃうんです。そこで、親父さんが「シモダテ!5人」とか口火を切るわけです。それを聞いて、他の船宿の人も希望を言い、遅れて「じゃぁ、シモダテ!」とか言っちゃうと、船長が「今、シモダテは15人!それでもいいなら乗せるけど?」とか。競りみたいなシステムですよね。気の弱い私なんぞ、親父さんのプッシュに非常に助けられるわけです(笑)。船長が勝手に決めてくれる神津の様なシステムだとドキドキしないんですけどね~。

八丈島釣行お疲れ様でした! by masaya
天候不順で大変だったようですが、それでも釣行記を読んでると帰りたくてウズウズしてきちゃいますね~。
セイズコウでの釣りの様子は、思わず昨年の事を思い出してしまいましたよ(;^_^A
それに二人とも凄く楽しそうで、もろこやの食堂で反省会?にお酒を酌み交わす姿が想像できました(笑)
次回は3月ですか?
う~む、都合がつけば是非ともご一緒したいところですが、果たして……。
どちらにせよまた連絡しますね~^^

masayaさん: by はじめ
一緒に行ったセイズコウ!懐かしいですね。
前回と状況はあまり変わらなかったですよ。masayaさんも八丈の尾長!3月にどうですか?我々は予約済みですよ!
連絡待ってま~す。

こんにちは。 by イチロー
凄いな~。
私がやっている釣りなんかとスケールが違います。
3月の遠征&西伊豆マダイ釣り日記、楽しみにしています。

イチローさん: by はじめ
スケール?確かに磯の雰囲気、波の迫力は段違いですが、体力的には伊豆に行くより断然楽ですよ!
スケジュール的、経済的に、少し伊豆より掛かりますけど・・・。そして、予定通り帰れなくなることも。
そこまでして行っても、伊豆以下の漁獲ということも多々あります。それでも大型尾長に出会いたくて行ってしまうんですね~。

コメントを閉じる▲

 ← 赤羽太の薄造り | TOP | 八丈小島「セイズコウ」(2011.1.9)

COMMENT

この時期、行けただけ良いですよ。
私は過去、行けずに羽田でUターンもありました。
結果関係ナシにロクマルの夢を追って八丈、最高です。

[ 2011.01.11(Tue) 18:46] URL | 一太郎 #79D/WHSg | EDIT |

有難うございます。
八丈といえども1月2月は海況&天候次第ですよね~。
私のいる間は、尾長はほんと小型のみでしたね。次回は3月の予定です。それまでは、西伊豆で真鯛?狙ってみます。
[ 2011.01.11(Tue) 20:15] URL | はじめ #79D/WHSg | EDIT |

もろこやの車両に貼ってあるロゴの件ですが
「シモダテ!問答無用!5人!」と書いてありますが
どういう意味でしょうか?
シモダテは5人まで?という意味。
もしくは、まったく意味がなく人気磯のただ
名前を言っている?.......
今、寝ようと思ってはじめさんのブログ読み返していたら
凄く気になったので。
[ 2011.01.11(Tue) 23:31] URL | 一太郎 #79D/WHSg | EDIT |

あはは、ご存じの通り、八丈の磯は早い者勝ちなのです。朝、船長に希望の磯を言うときに、言うタイミングが微妙にあるようで素人が早めに言っても「まだまだ!」とか言われちゃうんです。そこで、親父さんが「シモダテ!5人」とか口火を切るわけです。それを聞いて、他の船宿の人も希望を言い、遅れて「じゃぁ、シモダテ!」とか言っちゃうと、船長が「今、シモダテは15人!それでもいいなら乗せるけど?」とか。競りみたいなシステムですよね。気の弱い私なんぞ、親父さんのプッシュに非常に助けられるわけです(笑)。船長が勝手に決めてくれる神津の様なシステムだとドキドキしないんですけどね~。
[ 2011.01.12(Wed) 07:32] URL | はじめ #79D/WHSg | EDIT |

天候不順で大変だったようですが、それでも釣行記を読んでると帰りたくてウズウズしてきちゃいますね~。
セイズコウでの釣りの様子は、思わず昨年の事を思い出してしまいましたよ(;^_^A
それに二人とも凄く楽しそうで、もろこやの食堂で反省会?にお酒を酌み交わす姿が想像できました(笑)
次回は3月ですか?
う~む、都合がつけば是非ともご一緒したいところですが、果たして……。
どちらにせよまた連絡しますね~^^
[ 2011.01.15(Sat) 16:40] URL | masaya #79D/WHSg | EDIT |

一緒に行ったセイズコウ!懐かしいですね。
前回と状況はあまり変わらなかったですよ。masayaさんも八丈の尾長!3月にどうですか?我々は予約済みですよ!
連絡待ってま~す。
[ 2011.01.15(Sat) 20:41] URL | はじめ #79D/WHSg | EDIT |

凄いな~。
私がやっている釣りなんかとスケールが違います。
3月の遠征&西伊豆マダイ釣り日記、楽しみにしています。
[ 2011.01.23(Sun) 11:49] URL | イチロー #79D/WHSg | EDIT |

スケール?確かに磯の雰囲気、波の迫力は段違いですが、体力的には伊豆に行くより断然楽ですよ!
スケジュール的、経済的に、少し伊豆より掛かりますけど・・・。そして、予定通り帰れなくなることも。
そこまでして行っても、伊豆以下の漁獲ということも多々あります。それでも大型尾長に出会いたくて行ってしまうんですね~。
[ 2011.01.23(Sun) 20:07] URL | はじめ #79D/WHSg | EDIT |

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

この記事のURL:
http://hajimenoisodurikikou.blog.fc2.com/tb.php/310-a8a689ad
 ← 赤羽太の薄造り | TOP | 八丈小島「セイズコウ」(2011.1.9)

プロフィール

最新コメント

タイドグラフ

カテゴリ

渡船・船宿など

山関係のリンク

お気に入りブログ

チーム記録

月別アーカイブ

QRコード

ブロとも申請フォーム

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。