TOP > 口太めじなのスパイスグリル バルサミコとマディラワインのソース カブのピュレ添え
 ← 縞鰺のポワレ タプナードソース | TOP | 赤羽太の薄造り

リストマーク スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


リストマーク 口太めじなのスパイスグリル バルサミコとマディラワインのソース カブのピュレ添え 

2011年01月12日 ()
Img_0171 はい、2日目はめじなをグリルしました。築地のフランス料理「エクロール」の長谷川シェフのレシピ改変です。作り方です。めじなは3枚に下ろした後、皮付きのまま切り分けます。塩・黒胡椒したのち皮目にタイムなどのスパイスミックスを振り静置。カブは市販のコンソメスープ(これだけでもよい)と魚のフォン(以前のフエフキダイの)、鶏のフォン(市販の比内地鶏スープ)で煮含めミキサーにいれ、塩と豆乳で滑らかさを調整します。ソースはバルサミコと我が家伝統のマディラワインソース少量(マディラ酒、鶏出汁、茸類、エシャロットで作ったソースを冷凍した物、なしでも可)を煮詰めます。付け合わせは、ベーコン、タマネギスライス、茸類を炒めた茸のソテー。今回はマッシュルームと椎茸です。そして、めじなはグリルパンで皮をパリッとするように焼きます。適宜盛り付けて下さい。
Img_0172 合わせるのは赤ワイン。今回はイタリアの「Spadaio Piecorto の Chianti Classico 2007」。キャンティクラシコはコストパフォーマンスが高いワインが多い。サンジョベーゼは好きなブドウ品種の一つです。そして狙い通り赤ワインにも合う魚料理でした。バルサミコソースと茸のソテー、カブのピュレ、めじなグリルのバランスが最高でした。
Img_0170 そして、アカハタの半身は「清蒸鮮魚」。これはホント美味しいなぁ、と言う間もなく、子供達に完食されたしまった。蒸し物にハタは抜群ですな。薄造りも美味しいし、これからの料理に悩むなぁ。ほんとアカハタはもう少し釣れても良いな。
にほんブログ村 釣りブログ 磯釣りへ
にほんブログ村
にほんブログ村 釣りブログ グレ・メジナ釣りへ
にほんブログ村





スポンサーサイト
[2011.01.12(Wed) 19:44] 釣魚料理Trackback(0) | Comments(6)
↑TOPへ


COMMENT

今年もよろしくお願いしますm(_ _)m by 酔拳釣師
初釣りが八丈だなんて素敵ですね~うらやま~

八丈までいくと時期的に状況はかなり難しいですねぇ

その中での釣果素晴らしいです!

そして料理もやはり興味深く拝見しました。

カンムリはさすがに食材にはなりませんでしたか・・・

酔拳釣師さん: by はじめ
こちらこそ宜しくお願いします(笑)。
なかなか厳しい初釣りでした。翌日、良型が出ているのを見ると辛いものです。
カンムリベラですが、ベラ科だけあって身質は多少水っぽいけれど、フライなど加熱すると美味しいみたいですよ。今度釣れなかった時は、カンムリベラ,ダツなども料理してみよう!と思うのですが、顔を見るとつい怒りのリリースをしてしまいます。

う~ん、美味そう! by o
“蒸し”系料理大好きの僕としては、アカハタ、たまんないなあ…。食べたい~!!!!

うちの食材は、あっというまに底をつきました…。こうなるとカンムリベラとブタ子(!)、持ち帰ってもよかったかなあ…と思っています。
料理法を工夫すればなんとかなるかもしれないし…。

o君: by はじめ
あかはたは本当旨いよ!過去釣り上げたのが3匹(ジギング1匹、フカセ2匹)、もらったの1匹の計4匹食べましたが、旨い。蒸し物が最高だけど、今回刺身も良かったよ。
メジナ料理、今年はレスベラトロール摂取して長生きする予定なので赤ワインに合う魚料理を増やして行きたいと思います。

なるほど。 by 酔拳釣師
カンムリベラも食べれるのですね

しかしあの真ん中の変な一本線・・・

やはり食欲がわかない(^^;)

はじめさんが料理してくれたらチャレンジしてみよかなと(笑)

酔拳釣師さん: by はじめ
努力してみましょう!
カンムリベラも小さいときは綺麗なんですけどね~。久しぶりに同窓会で会ってガッカリというパターンですね(笑)。

コメントを閉じる▲

 ← 縞鰺のポワレ タプナードソース | TOP | 赤羽太の薄造り

COMMENT

初釣りが八丈だなんて素敵ですね~うらやま~

八丈までいくと時期的に状況はかなり難しいですねぇ

その中での釣果素晴らしいです!

そして料理もやはり興味深く拝見しました。

カンムリはさすがに食材にはなりませんでしたか・・・
[ 2011.01.13(Thu) 01:14] URL | 酔拳釣師 #79D/WHSg | EDIT |

こちらこそ宜しくお願いします(笑)。
なかなか厳しい初釣りでした。翌日、良型が出ているのを見ると辛いものです。
カンムリベラですが、ベラ科だけあって身質は多少水っぽいけれど、フライなど加熱すると美味しいみたいですよ。今度釣れなかった時は、カンムリベラ,ダツなども料理してみよう!と思うのですが、顔を見るとつい怒りのリリースをしてしまいます。
[ 2011.01.13(Thu) 18:37] URL | はじめ #79D/WHSg | EDIT |

“蒸し”系料理大好きの僕としては、アカハタ、たまんないなあ…。食べたい~!!!!

うちの食材は、あっというまに底をつきました…。こうなるとカンムリベラとブタ子(!)、持ち帰ってもよかったかなあ…と思っています。
料理法を工夫すればなんとかなるかもしれないし…。
[ 2011.01.14(Fri) 10:38] URL | o #79D/WHSg | EDIT |

あかはたは本当旨いよ!過去釣り上げたのが3匹(ジギング1匹、フカセ2匹)、もらったの1匹の計4匹食べましたが、旨い。蒸し物が最高だけど、今回刺身も良かったよ。
メジナ料理、今年はレスベラトロール摂取して長生きする予定なので赤ワインに合う魚料理を増やして行きたいと思います。
[ 2011.01.14(Fri) 11:42] URL | はじめ #79D/WHSg | EDIT |

カンムリベラも食べれるのですね

しかしあの真ん中の変な一本線・・・

やはり食欲がわかない(^^;)

はじめさんが料理してくれたらチャレンジしてみよかなと(笑)
[ 2011.01.15(Sat) 20:40] URL | 酔拳釣師 #79D/WHSg | EDIT |

努力してみましょう!
カンムリベラも小さいときは綺麗なんですけどね~。久しぶりに同窓会で会ってガッカリというパターンですね(笑)。
[ 2011.01.15(Sat) 21:46] URL | はじめ #79D/WHSg | EDIT |

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

この記事のURL:
http://hajimenoisodurikikou.blog.fc2.com/tb.php/312-1c9eecac
 ← 縞鰺のポワレ タプナードソース | TOP | 赤羽太の薄造り

プロフィール

最新コメント

タイドグラフ

カテゴリ

渡船・船宿など

山関係のリンク

お気に入りブログ

チーム記録

月別アーカイブ

QRコード

ブロとも申請フォーム

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。