TOP > ワイン第5回:Jean GrosのVosne-Romnee Clos des Reas 1995年
 ← ワイン第6回:Ch.Certan de May 1996年 | TOP | ワイン第4回:Ch. Lynch-Bages 1989年

リストマーク スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


リストマーク ワイン第5回:Jean GrosのVosne-Romnee Clos des Reas 1995年 

2005年12月11日 ()
  ワイン第5回はブルゴーニュの王道の一つであるジャン・グロ(Jean Gros)のヴォーヌロマネ・クロ・デ・レア(Vosne-Romanee 1erCru Clos des Reas)です。ヴォーヌロマネ村のワインはブルゴーニュでは避けて通れません。あのロマネ・コンティ(Romanee-Conti)やラ・ターシュ(La Tache)、リシュブール(Richebourg)にロマネ・サンヴィヴァン(Romanee St-Vivant)、ラ・ロマネ(La Romanee)と錚々たる特級(グランクリュ:Grand Cru)を有し、最も華やかかつスパイシーなブルゴーニュを生む魅惑の地方です。今回のワインはそのヴォーヌロマネ村の1級畑のクロ・デ・レアです。ブルゴーニュでは畑の名前は色々あり、同じ畑の名前でも作り手によりかなり出来と値段が変わってくるのが特徴です。そんな中でクロ・デ・レアはかのジャン・グロの単独所有畑(モノポール:Monopole)です。
  ジャン・グロと言えばヴォーヌロマネを代表する作り手でそのリシュブールと言えば憧れの的です(まだ飲んだことがない!)。現在は引退し、ジャン・グロの名前は1995年までで、その後は長男のミッシェル・グロ(Michel Gros)、次男のベルナール・グロのグロ・フレール・エ・スール(Gros Frere & Soeur)、娘のアンヌ・フランソワーズ・グロ(A.F.Gros)に引き継がれています。親戚のアンヌ・グロ(Anne Gros)もあってややこしいです。実際は大分前からジャン・グロのワインは長男のミッシェルが作っていたようです。PICT0013-1
  ワインは6年前に土浦・鈴木屋さんで6100円!で買って自宅セラーで保存していたものです。開栓します。さすがに優秀な1995年と言われるだけあってまだまだ余裕の濃い色です。若干エッジがオレンジがかりますが若々しいです。香りは血の香りが強く、更にスパイシーな感じです。時間とともに開いてくると、もう最高です。僕の好きなあのブルゴーニュの香りです。スワリングする(グラスを回す)と直ぐに若返ります。やっぱりグロもいいなあ。


スポンサーサイト
[2005.12.11(Sun) 23:22] Trackback(0) | Comments(0)
↑TOPへ


 ← ワイン第6回:Ch.Certan de May 1996年 | TOP | ワイン第4回:Ch. Lynch-Bages 1989年

COMMENT

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

この記事のURL:
http://hajimenoisodurikikou.blog.fc2.com/tb.php/33-aaf4e8fc
 ← ワイン第6回:Ch.Certan de May 1996年 | TOP | ワイン第4回:Ch. Lynch-Bages 1989年

プロフィール

最新コメント

タイドグラフ

カテゴリ

渡船・船宿など

山関係のリンク

お気に入りブログ

チーム記録

月別アーカイブ

QRコード

ブロとも申請フォーム

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。