TOP > 苦難の八丈修行(2006.03.17~19)
 ← メジナのべっこう漬け丼 | TOP | 梅見

リストマーク スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


リストマーク 苦難の八丈修行(2006.03.17~19) 

2006年03月20日 ()
  久しぶりに三馬鹿トリオ(M君、O君と私)で八丈島行きです。2ヶ月前から周到にスケジュール調整をしました。前回(ブログ参照)の八丈では低気圧接近に伴う大シケで何と初めて一度も渡船出来なかった釣行でした。従って、我々のやる気と意気込みは相当なものでした。金曜から休みを取ったM君と私は第一便で、O君は最終便で八丈入りの予定です。
  しかし、予報では生憎の予報で金曜日は既に低気圧通過直後で波高7m!→4mだそうです。なんか最近、M君と行くとシケになります。前回の八丈はもちろん、去年の神子元夜釣りでも大波被ったし、外房夜釣りでもひどいシケだったなァ。羽田でM君と合流。第一便は「条件付き運航」です。つまり、羽田は離陸するけど八丈がやばそうだったら引き返します、と言う意味です。羽田を離陸します。天気は良好で、東京湾、大島などを眺めながら順調な飛行です。八丈小島の名礁シモダテは根元まで真っ白です。八丈島中真っ白な波に包まれています。西風が強いので八丈空港へは東の神湊方面から進入します。もろこやがすぐ下に見えます。しかし、高度を上げてしまい、結局一回旋回して羽田へ帰ります。Pict00041_2
  予約変更カウンターのお兄ちゃんは、私の「今日中に八丈島に行きたいのですが・・」という問いに「八丈島行きは日曜まで満席です。最短で月曜日になります」という事務的な返事。それでは仕方ないと往復ともキャンセルして荷物をピックアップします。もろこや・O君にも行けない旨、連絡します。嫁にはお迎えを頼みます。O君は「俺、荷物送っちゃったから行くよぅ」と悲しげに言ってました。その後、放心状態になりながらも作戦会議を開きます。「やっぱり、どっかで釣りしたいよねぇ」「うん、伊豆とか泊まりで行っちゃう?」「そしたら、大島とか行っちゃう?」「大島便は空いてるかなぁ」「空いてる、空いてる」「と言う事は実は大島経由八丈島行きは空いてるんじゃないか?」ということで、購入カウンターへ。お姉さんに聞くと20席余ってるそうです。しかーし、帰りの日曜の最終便(もともと予約してあった便)はもう満席で取れないと曰います。「予約変更カウンターでは大島経由のインフォメーションは無かったので、往復キャンセルしたんですよ。こちらの落ち度は無いですよねえ」とゴネます。上司と相談の上、往復便ともゲットです。嫁は谷町インターまで来てましたが、事情を説明して帰ってもらいます。大島経由の便も、大島・八丈島とも「条件付き運航」です。大島へは無事着陸。富士山が綺麗でした。八丈島は着陸寸前、風で煽られますが何とか着陸!機内で拍手が鳴ります。Pict00061
  やっとこさっとこ、もろこや到着です。「海の状況を見に行く」という私たちに、「今日はどこも釣り出来るとこなんてないよ。また別の大きい低気圧が来てるから、日曜も最終便だと帰れないかもしれないよ」と親父さん。えーっ、やっと着いたと思ったら、もう帰りの心配をしないと行けないのですかい?でも「とりあえず様子見に行くだけ」、と言って海を見に行きます。八重根港新提は全部被ってます。他もやはりダメみたい。とりあえずO君を空港に迎えに行きます。三人とも八丈で無事合流できたことだけで満足してしまいます。O君は一升瓶二本持ってきたので、相当肩が痛そうです。土曜は、気圧の谷間で何とか釣りは出来そう。でも渡船出来るかは微妙。親父さんの勧めで日曜は第一便から帰る予定として、何が何でも日曜に帰るように態勢を整えます。うーん、社会人になったなあ。大酒飲んで就寝です。M君の寝言は何を説明してるか不明でした。Pict00071
  朝起きると、何か風も弱まり良い感じです。朝食後、神湊港へGO!渡船はお気に入りの不動丸です。底物師5名と上物師4名のみです。大根第一希望でしたが、まだウネリが強く満潮と重なっていることもあり、ウロウ根に向かいます。ウロウ根には他船からの底物師が既に3名乗ってます。ここで底物師4名が降ります。その間に私、船酔いに負けてリバースしてしまいました。我々は、その先の「黒崎」という地磯に向かいます。船付けにM君、O君、上物師1名、反対側のワンドに私が入り、状況が良い方に移動という作戦です。ご一緒したベテランによると「船付けは型、反対側のワンドは数」とのことです。底物師は先端に入ります。Pict00111
  ワンドはサラシからの払い出しが伸びていて良い雰囲気ですが水深は浅めです。その払い出しを攻めます。竿は雑魚竿になりかけている「がま磯アテンダー2号5.3m」です。道糸4号、ハリスは松田名人リリ−スの3号です。得意のゼロスルスル釣法です。で、ファーストヒットはツバメウオです。ガクっ。水族館でしか見た事無い変な形の魚です。さらにコマセが効いてくると、ダツ、ダツ、ダツです。やはり雑魚竿なのか?払い出しを諦め、手前のハエ根際を流します。ここにはダツはいないようです。するとコツンとした前アタリの後、ガツンと来ました。綺麗な引きです。やはり、待望のメジナです。口太ですけどね。40cm,1.2kgと太ったオスです。産卵期なので精液垂れ流しでした。がま磯アテンダーもなんとか雑魚竿の不名誉を挽回できました。底物師も1〜2?の石垣鯛を2枚あげています。美味しそうな大きさです。Pict00121_1
  口太を見てO君もこちらに合流です。すると私に強力なアタリ&引きが!って、結局自己最大のカンムリベラでした。ホント引きました。その後、ハリスをぶった切るアタリがありましたが、著変なしになりました。船付け側も、カンムリベラとイスズミのみのようです。10時頃より風が強くなり釣りしづらくなってきました。早めの弁当後(リバースしたので空腹)、再開しますがササヨとベラ類のみとなりました。ササヨは40cmのをタイドプールにキープです。Pict00171
  午後は更に風が強くなり、コンロで湯を沸かし、カップ麺を食べます。船付けの方が風が背中側からで釣りやすいかと思い船付けに移動します。しかし風強すぎて仕掛けが馴染みません。そこで3Bのウキにガン玉つけまくり、超重めの沈め釣りに変更します。ガツンと来てハリス切れです。隣のベテランも走られて切られています。良型のシマアジか?底物か?何が釣れるか分からないのが、離島の魅力です。調子が出始めたところで、大きなヨタ波でバッカンが流されます。キープしていたササヨも自然放流になってしまいました。しばらくすると更にウネリが大きくなり、14:00撤収です。不動丸の船長も「今日は彼岸の入りだから気をつけなくっちゃよゥ」と言ってました。その後、藍ヶ江港で久々シマアジ狙いのカゴ釣りなどしてみましたが、第一投で糸切れでした。とほっ。夜はM君キープのイスズミの刺身を味噌だれで食べました。旨いっ。けど個人的には、日焼けと磯場での転倒に伴うむちうち症?で頭痛があり、食欲少なめでした。低気圧は大きく、どんどん接近してきます。果たして日曜中に帰れるのか?Pict00224
  翌日起床すると、大雨&強風(いわゆる嵐という奴ですね)でしたが、しばらくするとだんだん明るくなり、空港へ出発する時は無風です。これなら飛行機も着陸できるでしょう。しかし、飛行機は何度も上空旋回後、羽田に戻っていきました。第一便が欠航、それを予測して早めにカウンターで相談。2便の大島経由は大島までは70席空席ですが、大島〜羽田が10席しか空いてないという事です。しかもまた「条件付き運航」で微妙ということです。もろこやの親父さんが「船便は着いたから船便なら帰れるよ」と教えてくれました。結局、大人の選択で確実な船便で帰る事になりました。また「かとれあ丸」に乗る事になるとは。でも10時間の間よく眠れました。途中、御蔵島付近の揺れはかなりひどかったですが、心配した船酔いも軽く済み良かったです。飛行機の方は第2便の大島経由は飛んだそうですが予約は微妙だったし、第3便、最終便は強風のため欠航となったようで、確実に船便にして大正解でした。こんなに行きも帰りも心配したのは初めてでした。M君、O君お疲れ様でした。何とか仕事出来そうですな。良かった、良かった。






スポンサーサイト
[2006.03.20(Mon) 00:14] 釣行記(伊豆諸島)Trackback(0) | Comments(3)
↑TOPへ


COMMENT

いやいやつらかったですな~(>o<") by MASU
でも記憶に残る釣行になりました。
遅くなりましたが、先日は写真ありがとう。
今度は初心に戻り伊豆への計画も立てましょう(^o^)v

いやいやつらかったですな~(>o<") by MASU
でも記憶に残る釣行になりました。
遅くなりましたが、先日は写真ありがとう。
今度は初心に戻り伊豆への計画も立てましょう(^o^)v

うん、いいねえ。房総もサヨリが調子よくなってき... by はじめ
うん、いいねえ。房総もサヨリが調子よくなってきたみたいだし、(夕方クロダイ→)夜アジ→サヨリもいいかも。伊豆も久々計画したいねえ。Y君も1年は釣り参加出来る事になったらしいし(笑)、今年も4馬鹿夜釣り出来るぞよ。

コメントを閉じる▲

 ← メジナのべっこう漬け丼 | TOP | 梅見

COMMENT

でも記憶に残る釣行になりました。
遅くなりましたが、先日は写真ありがとう。
今度は初心に戻り伊豆への計画も立てましょう(^o^)v
[ 2006.03.24(Fri) 16:06] URL | MASU #79D/WHSg | EDIT |

でも記憶に残る釣行になりました。
遅くなりましたが、先日は写真ありがとう。
今度は初心に戻り伊豆への計画も立てましょう(^o^)v
[ 2006.03.24(Fri) 16:08] URL | MASU #79D/WHSg | EDIT |

うん、いいねえ。房総もサヨリが調子よくなってきたみたいだし、(夕方クロダイ→)夜アジ→サヨリもいいかも。伊豆も久々計画したいねえ。Y君も1年は釣り参加出来る事になったらしいし(笑)、今年も4馬鹿夜釣り出来るぞよ。
[ 2006.03.26(Sun) 13:25] URL | はじめ #79D/WHSg | EDIT |

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

この記事のURL:
http://hajimenoisodurikikou.blog.fc2.com/tb.php/46-9e505bb1
 ← メジナのべっこう漬け丼 | TOP | 梅見

プロフィール

最新コメント

タイドグラフ

カテゴリ

渡船・船宿など

山関係のリンク

お気に入りブログ

チーム記録

月別アーカイブ

QRコード

ブロとも申請フォーム

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。