TOP > 大菩薩嶺(だいぼさつれい)050ー3/100(2014.4.26〜27)
 ← 丹沢(たんざわ)051ー4/100(2014.5.4) | TOP | 南伊豆須崎地磯/半夜(2014.4.22〜23)

リストマーク スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


リストマーク 大菩薩嶺(だいぼさつれい)050ー3/100(2014.4.26〜27) 

2014年04月29日 ()
P4262027 今年は大雪の影響で、なかなか無雪登山が難しい状況でした。やっとこさ、行ってきましたよ。最高地点は2057mの大菩薩嶺?ですが、有名なのは中里介山の長編歴史小説題名である大菩薩峠です。長大すぎるのと、主人公に感情移入出来ないのとで読めていません(いずれまた)。今回は土曜の仕事を終えてから、車で甲州へ。高速もGWの影響も無くスイスイ。今日のお宿は「ロッヂ長兵衛」。大菩薩の基地です。我々にとって初めての山小屋!?でしたが、素晴らしいところでした。夕食の山菜尽くし、そして馬刺。美味しかったです。トイレ、お風呂も奇麗でした。就寝すると、天窓から星が見える!と思いながら深い眠りへ。
P4272033P4272031 翌朝。夜明け前から登山客が活動開始。車でどんどんやって来る。我々は、寝ている子供たちを残して、嫁と遊歩道へ朝の散歩。途中、カケスなどの野鳥が一杯!そして鹿x3。展望台で大菩薩湖の向こうに霊峰富士。奇麗です。宿に戻ると子供も起床→朝食。これも美味。そして、8時前に、いよいよロッヂ脇からスタート。
P4272046P4272041 まずは福ちゃん荘まで軽く進む。そして、唐松尾根を雷岩まで1時間登る。当日誕生日の長男は登りに飽きて止まりがち。ポールを持たせたり刺激しながら進む。途中、残雪もちらほら。奇麗に富士山が見える!天気最高!
P4272055P4272050 雷岩から最高点、三角点設置の大菩薩嶺へ。ここまでは日陰で残雪だらけ。でもチェーンスパイクも必要ない程度。子供は雪に興奮!見晴らしの悪い最高点。何か、どうなんでしょう。丸川峠方面は雪だらけでスパイク必携だそうです。
P4272063P4272059P4272058 雷岩に戻り休憩。オニギリを食べる。目の前に富士山。右手奥に南アルプスの北岳、間の岳が見える。そのうち行くぞ!景色最高です。
P4272074P4272070P4272068 ここから、賽の河原(旧大菩薩峠)を過ぎ、介山荘のある大菩薩峠に。途中結構な残雪。でも子供は大喜び!大菩薩峠に到着。少し回って石丸峠に進もうとすると、子供から断固拒否のサイン!仕方なく、山荘沿いを戻りました。文句の多かった長男が下りは異常に早かった。ロッジ到着後、昼食。山菜天ぷらそばが絶品。子供はアイス系。とにかく天候に恵まれ、楽しい山旅でした。夏に再訪もいいかも。
 今回の詳しいルートはyamakei-onlineヤマレコで。
にほんブログ村 釣りブログ 磯釣りへ
にほんブログ村
にほんブログ村 釣りブログ グレ・メジナ釣りへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
[2014.04.29(Tue) 00:26] Trackback(0) | Comments(2)
↑TOPへ


COMMENT

はじめさん by 寒凪
こんばんわ。海に山に楽しまれてますね。
お子さんの成長も磯釣りとは別の楽しみですね。
部活の大会は順調に勝ち進んでますが、本日の対校戦は惜しくも敗戦でした。1TDで光栄にも個人賞を頂きましたが、負けたので嬉しさ半分の様です。
暫く釣りは応援の合間になりますが、これも楽しいです。

寒凪さん: by はじめ
応援お疲れ様でした。
当方は海山だと、山のほうが比重が増してきました。釣りは「絶対いや」という娘と、「釣りに行きたい」という息子との板ばさみです(笑)。

コメントを閉じる▲

 ← 丹沢(たんざわ)051ー4/100(2014.5.4) | TOP | 南伊豆須崎地磯/半夜(2014.4.22〜23)

COMMENT

こんばんわ。海に山に楽しまれてますね。
お子さんの成長も磯釣りとは別の楽しみですね。
部活の大会は順調に勝ち進んでますが、本日の対校戦は惜しくも敗戦でした。1TDで光栄にも個人賞を頂きましたが、負けたので嬉しさ半分の様です。
暫く釣りは応援の合間になりますが、これも楽しいです。
[ 2014.04.29(Tue) 21:43] URL | 寒凪 #79D/WHSg | EDIT |

応援お疲れ様でした。
当方は海山だと、山のほうが比重が増してきました。釣りは「絶対いや」という娘と、「釣りに行きたい」という息子との板ばさみです(笑)。
[ 2014.04.30(Wed) 08:46] URL | はじめ #79D/WHSg | EDIT |

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

この記事のURL:
http://hajimenoisodurikikou.blog.fc2.com/tb.php/466-1f1d722c
 ← 丹沢(たんざわ)051ー4/100(2014.5.4) | TOP | 南伊豆須崎地磯/半夜(2014.4.22〜23)

プロフィール

最新コメント

タイドグラフ

カテゴリ

渡船・船宿など

山関係のリンク

お気に入りブログ

チーム記録

月別アーカイブ

QRコード

ブロとも申請フォーム

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。