TOP > 磐梯山(ばんだいさん)022ー8/100(2014.7.6)
 ← 瑞牆山(みずがきやま)048ー9/100(2014.7.13) | TOP | ケンサキイカのお造り

リストマーク スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


リストマーク 磐梯山(ばんだいさん)022ー8/100(2014.7.6) 

2014年07月07日 ()
Dscn0936Dscn0934 「?え〜んや〜 会津磐梯山は宝のこれ山よ 笹に黄金が ほれ なりさがる〜」。幼少期にCMで見た記憶。清酒「会津ほまれ」だったかな?そうです、今回は磐梯山。明治21年(1888年)に小磐梯が大爆発を起こし、南(表磐梯)と北(裏磐梯)で雰囲気が異なる山です。近年では最短経路の猫魔八方台からの登山者が多いようです。
Dscn0946Dscn0940 今回は電車で日帰り。東北新幹線で郡山。そこから猪苗代駅まで行ってタクシー(¥1800程度)で表登山口へ。猪苗代スキー場のゲレンデを登る。郡山では曇りだったが一気に晴れる。単調で日陰の無いルート。トンボが一杯と喜んでいた息子だったが、毛虫が異常に多いことに気付き帰ると言い出す(困惑)。リフトを2台分登りきり(最後の登りがキツい!)、やっと1合目。
Dscn0962Dscn0955_2 ここからやっと登山道になり、赤埴山へ向かう。紅葉の時は素晴らしい赤埴山頂(2合目)を迂回するルートで進む。キツい日差しもこの樹林帯では心地よい。やっと磐梯山頂が雲の中から顔を見せる。ホトトギスが鳴きまくる。ホトトギスって結構デカい!
Dscn0984Dscn0978Dscn0970 沼の平を回って、山頂へ回っていく。噴火口の上に立つと素晴らしい眺め。眼下には銅沼、その奥に檜原湖。そして取り囲む火口壁。独特の圧倒される雰囲気です。
Dscn0994Dscn0989Dscn0988 ここから4合目(ちなみに磐梯山では5合目が山頂なのだ!)の弘法清水まではもう一登り。手前の黄金清水でのどを潤す。そして急登を登ると弘法清水!冷たい水がほんと美味しい!岡部小屋でなめこ汁、お汁粉を頂きつつ昼食。
Dscn1007Dscn1002Dscn1000 水を補給して頂上を目指す。登山道脇に大キジの跡。この場所でだれがいつしたのだろうと不思議に思う。登ること30分。遂に頂上!アブみたいな虫が大量に飛んでいるが、景色が最高。生憎、猪苗代湖方面が見えなかったが、ホントに素晴らしい景色。
Img_0193Img_0185 帰りは裏磐梯方面へ。銅沼を眺めつつ、裏磐梯スキー場へ。ここで、足痛をおして歩いていた嫁が限界に達する。娘もほぼ限界に。急遽、スキー場のゲートまでタクシーに迎えにきてもらう。なんとかギリギリ電車にも間に合った!最近2回続けて嫁の外果部痛。靴が合わないのか?再来週の焼岳。大丈夫かな。
 今回の詳しいルートはyamakei-onlineヤマレコで。
にほんブログ村 釣りブログ 磯釣りへ
にほんブログ村
にほんブログ村 釣りブログ グレ・メジナ釣りへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
[2014.07.07(Mon) 19:26] Trackback(0) | Comments(0)
↑TOPへ


 ← 瑞牆山(みずがきやま)048ー9/100(2014.7.13) | TOP | ケンサキイカのお造り

COMMENT

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

この記事のURL:
http://hajimenoisodurikikou.blog.fc2.com/tb.php/479-4c271b36
 ← 瑞牆山(みずがきやま)048ー9/100(2014.7.13) | TOP | ケンサキイカのお造り

プロフィール

最新コメント

タイドグラフ

カテゴリ

渡船・船宿など

山関係のリンク

お気に入りブログ

チーム記録

月別アーカイブ

QRコード

ブロとも申請フォーム

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。