TOP > 月山(がっさん)016ー12/100(2014.8.2〜3)
 ← 神津島 祗苗「オネイモ1番」(2013.8.17) | TOP | 苗場山(なえばやま)037ー11/100(2014.7.27)

リストマーク スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


リストマーク 月山(がっさん)016ー12/100(2014.8.2〜3) 

2014年08月03日 ()

P8022236 私、また年をとってしまいました(泣)。さて、長男、長女に続き誕生日(付近)登山かつ5週連続の山行は羽黒修験者の聖地、月山。羽黒山、湯殿山とともに出羽三山と呼ばれる信仰の山です。電車でも車でも意外と遠い山形県。今回は車で前日入り。400キロオーバーの道のりです。宿泊は「山菜料理 五色亭旅館」。目の前の五色沼にもイワナがいるとのことでテンカラするがノーバイト。
P8032239P8032237 翌朝6:00に宿を出発。姥沢口駐車場へ。ここから登山開始。リフトに乗りたがる子供たちでしたが、リフト開始まで時間があると説得して姥沢コースへ。姥沢小屋で管理料大人一人¥200を納入。すぐに裏の橋へ。
P8032268P8032254P8032250 明るい樹林帯を進む。しばらく歩むとすぐに樹林帯も切れる。そして水場が二カ所連続。豊富な水量ですね。どれも冷たくて美味しい!木道で歩きやすい。次第に雪渓が近づいて来る。
P8032290P8032286 雪渓を麓で見ていた娘は岩だと主張していましたが、目の前で見て雪だと分かり大喜び。雪渓の上はひんやり涼しい!今日は暑いので生き返ります。雪渓を4つ渡ると漸く牛首下の分岐。ここからまた普通の登りです。
P8032316P8032307 高度が上がって来ると、庄内平野〜鳥海山も見えて絶景なり。その後、上から白装束の参拝者の集団が降りて来ると、再び子供たちのテンションup!衣装が不思議で楽しいようです。皆さんにも声を掛けて頂き、一層頑張って登る子供たち。鍛冶小屋跡(鬼王丸を祖とする刀鍛冶の一派があったそうで月山鍛冶として有名ですが、小屋は平成に入り解体されたらしい)にお地蔵様が祀られている。ここまで来ればあと一息!頑張ろう!
P8032331P8032325 きつい頂上直下のガレ場を登りきると広い山頂部に。奥に月山神社が見えます。やっと登ってきました〜。神社の奥は写真撮影禁止。一人¥500(子供も)を納めて、お祓いしていただき、身を清めてから参拝。奥で月山最高点?を踏みしめます。三角点は出口右にあるようです。
P8032363P8032349 帰りは子供のリクエスト通り、再び雪渓で遊び(学生がスラロームやってました!)、リフトで下山。変化にとんだ山。景色と花が素晴らしい山。子供は一番楽しかったと申しております。山形の山もいいですね〜。鳥海山も行きたくなりました。
 今回の詳しいルートはyamakei-onlineヤマレコで。
にほんブログ村 釣りブログ 磯釣りへ
にほんブログ村
にほんブログ村 釣りブログ グレ・メジナ釣りへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村


スポンサーサイト
[2014.08.03(Sun) 22:47] Trackback(0) | Comments(0)
↑TOPへ


 ← 神津島 祗苗「オネイモ1番」(2013.8.17) | TOP | 苗場山(なえばやま)037ー11/100(2014.7.27)

COMMENT

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

この記事のURL:
http://hajimenoisodurikikou.blog.fc2.com/tb.php/483-3a709a2e
 ← 神津島 祗苗「オネイモ1番」(2013.8.17) | TOP | 苗場山(なえばやま)037ー11/100(2014.7.27)

プロフィール

最新コメント

タイドグラフ

カテゴリ

渡船・船宿など

山関係のリンク

お気に入りブログ

チーム記録

月別アーカイブ

QRコード

ブロとも申請フォーム

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。