TOP > 開聞岳(かいもんだけ)099−019/100(2014.11.7)
 ← 安達太良山(あだたらやま)021−020/100(2014.11.7) | TOP | 宮之浦岳(みやのうらだけ)100-018/100(2014.11.4~5)

リストマーク スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


リストマーク 開聞岳(かいもんだけ)099−019/100(2014.11.7) 

2014年11月08日 ()

 開聞岳。別名薩摩富士。あの美しい形。下部はコニーデ型、上部はトロイデ型らしい。11/6屋久島宮之浦港からジェットフォイル「トッピー」で鹿児島港へ向かう途中、その美しい形が見えた。到着した鹿児島港は灰だらけ。こんなだとはビックリ。レンタカーして鹿児島市内へ。昼食後、ウェアの洗濯に市内をウロウロ。なんとかコインランドリーを発見して洗濯。「指宿白水館」が今日のお宿。大規模な旅館だ〜。別棟の薩摩伝承館内のイタリアン「リストランテ フェニーチェ」で夕食。館内の元禄風呂なる巨大な大浴場で疲れを癒す。砂蒸し風呂もやれば良かった〜。

 翌日11/7。朝食後、かいもん山麓ふれあい公園で駐車。ここからスタート。公園内を進む。2合目から登山道に。えぐれた登山道を進む。火山灰&礫で歩き辛い。

 眺望のない道。ようやく5合目で東側の眺望。錦江湾〜大隅半島が見える。さすがの景色。6合目から岩が増える。7合目で南側の眺望。硫黄島が霞んで見えるが屋久島は?。

 9合目で今度は西〜北側の眺望。素晴らしい。階段を上ると山頂は間近。山頂は素晴らしい眺望でした。頂上で奈良からの登山婦人と出会う。明日は霧島ですと。いいな〜。我々は帰らねば。 

 下りで岩に躓き、私が転倒。左膝を強打するも何とか歩けそう。危なかった〜。4合目過ぎて、息子が途中トレッキングポールを置き忘れた事に気付く。姉が走って取りにいく。偉いぞ!下山後、麓の公園内「そばの館 皆楽来(みらくる)」で昼食。その後、山川のヘルシーランド露天風呂(玉手箱の湯)に向かう。そう、この辺りは浦島伝説の土地。が、工事中で入浴不可。やむなくヘルシーランド内の家族風呂で汗を流す。鹿児島へ帰る途中、念願だった「知覧特攻平和会館」に寄り道。我々の登った開聞岳が見えなくなると本土に別れを告げ特攻していった若者たち。ここは一度は子供に見せなければ、と思っていた。いささか早かったかもしれないが、記憶していてほしい。空港で夕食後帰宅。疲れたけど充実した旅でした。

 今回の詳しいルートはyamakei-onlineヤマレコで。
にほんブログ村 釣りブログ 磯釣りへにほんブログ村
にほんブログ村 釣りブログ グレ・メジナ釣りへにほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へにほんブログ村
スポンサーサイト
[2014.11.08(Sat) 17:28] Trackback(0) | Comments(0)
↑TOPへ


 ← 安達太良山(あだたらやま)021−020/100(2014.11.7) | TOP | 宮之浦岳(みやのうらだけ)100-018/100(2014.11.4~5)

COMMENT

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

この記事のURL:
http://hajimenoisodurikikou.blog.fc2.com/tb.php/490-39c84bde
 ← 安達太良山(あだたらやま)021−020/100(2014.11.7) | TOP | 宮之浦岳(みやのうらだけ)100-018/100(2014.11.4~5)

プロフィール

最新コメント

タイドグラフ

カテゴリ

渡船・船宿など

山関係のリンク

お気に入りブログ

チーム記録

月別アーカイブ

QRコード

ブロとも申請フォーム

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。