TOP > 霧ヶ峰(きりがみね)070ー024/100(2015.3.22)
 ← 南房太海「平島」(2015.3.31) | TOP | 蓼科山(たてしなやま)071ー023/100(2015.3.21)

リストマーク スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


リストマーク 霧ヶ峰(きりがみね)070ー024/100(2015.3.22) 

2015年03月24日 ()
P3220452_convert_20150324091633.jpg
 霧ヶ峰。実は以前娘が小さく、息子がまだ生まれてない頃、夏に三世代で行ったっけ。リフトで車山山頂まですぐ行けるので楽チンだった。今回は息子も連れて、ラクチン登山を企む。精神的にも肉体的にもぐったりな蓼科山下山後、車山高原スカイパークホテルへ。バイキングの夕食後、子供の要望でプールで遊ぶ(子供は疲れてないのか??)。
P3220455_convert_20150324092849.jpgP3220456_convert_20150324092912.jpg
 翌日、スノーシューレンタルしようとすると、スキーレンタルするなら、はじめスノーシューということにすれば料金一緒とのこと。午後はスキーの予定なので迷わずこちらに。シーズン(車山高原スキー場は3月いっぱいで終了)最後の連休ということでかなりの混雑。スノーシューを装着して勇んでリフト乗り場へ。すると、係りのお兄さんが無情にも「スノーシューは脱いで乗ってください」。早く言ってよ〜。第1&3リフトを乗り継ぎ頂上近くへ。ここからスノーシュー開始、とまもなく勝手にすぐ上の山頂に行っちゃう子供たち。待て〜。
P3220458_convert_20150324092306.jpgP3220463_convert_20150324092342.jpg
 山頂でパトロールの方が景色を案内して下さる。春霞みですこし残念だが絶景でしょう。昨年末に行った美ヶ原が綺麗に見える。ほんと頂上は平らなのね〜。気象ドームを越えると三角点。
P3220464_convert_20150324093517.jpgP3220471_convert_20150324093807.jpg
 とにかく青空と暖かな日差しが気持ちいい。雪は正直スノーシューなしでも良いような感じだけど。ルートは緑ロープの杭の間ということだが、随所で埋没している。我々も結構ロストしてます。そしてついに禁断のショートカット。
P3220480_convert_20150324094440.jpgP3220482_convert_20150324094511.jpg
 ここの斜面で子供達が昨日のプチ滑落を思い出し腰がひける。腰がひけるとスノーシューも滑る、という悪循環。やっとの思いで車山肩へ。
 ここから右折して戻る方向へ。雪原のなかを進む。左は車山湿原のはず。車山乗越を過ぎてスキーコースと合流。途中コースを注意しながら横断して第一リフト頂上へ。TOP's360で昼食。駆除した鹿肉を利用した料理が多い。美味しかったです。軽めの登山(下山?)でした。正直、真っ白な雪景色は最初感動するけど単調に感じるかも。
 今回の詳しいルートはyamakei-onlineヤマレコで。写真はこちらが多いです。
にほんブログ村 釣りブログ 磯釣りへにほんブログ村
にほんブログ村 釣りブログ グレ・メジナ釣りへにほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へにほんブログ村
スポンサーサイト
[2015.03.24(Tue) 09:50] | Trackback(-) | Comments(0)
↑TOPへ


 ← 南房太海「平島」(2015.3.31) | TOP | 蓼科山(たてしなやま)071ー023/100(2015.3.21)

COMMENT

COMMENT POST















管理者にだけ表示

 ← 南房太海「平島」(2015.3.31) | TOP | 蓼科山(たてしなやま)071ー023/100(2015.3.21)

プロフィール

最新コメント

タイドグラフ

カテゴリ

渡船・船宿など

山関係のリンク

お気に入りブログ

チーム記録

月別アーカイブ

QRコード

ブロとも申請フォーム

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。