TOP > あの熱き神津島の思い出2
 ← 岩港でアオリイカ(2005.4.24) | TOP | あの熱き神津島の思い出1

リストマーク スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


リストマーク あの熱き神津島の思い出2 

2005年04月22日 ()
  釣り上げられたヒラマサの大きさに呆然としつつも、「よし!次は俺の番だ」と、私とM君は気合いが入ります。O君のヒラマサは海水で濡らした麻袋に入れました。しかし、直射日光にさらされるヒラマサを見て、「海水中の方が鮮度がおちないだろう」という判断でストリンガーにつないで海中保存としました。その後、今度はM君の竿が絞り込まれました。また、糸を出す作戦です。30分のファイトの末、海面を割ったのは、先程より更に大きいヒラマサです。またしても、私がギャフを入れました。すごい重さです。1995hiramasa2
  M君、O君の二人は、休憩です。次はいよいよ私の番です。流れも相変わらずで、湧昇流が所々で起きて鏡のようになってます。いつヒラマサは来るのか?そう身構えていましたが、何の反応もないまま、餌取りが出てくるようになりました。「また、すぐ来るさ。だって、ここは神津島だもの」と、気楽に考えていましたが、その日は、その後、M君のルアーにヒラマサのチェイスがあったのみでした。ところで、O君のヒラマサですが、しばらくしてO君が様子を見に行ったところ、ちょうど波でフジツボに擦られた金具が破損するところでした。O君の絶叫もむなしく、ヒラマサは海中を転がって消えていったそうです。そのときは、私もO君も、「神津島はこんな感じでヒラマサがガンガン釣れる!」と信じていたので、「また明日釣ればいいか」と、割とすっきりしてました。
  昼頃、ジモピーが一人でシマアジの垂らし釣りで2番にあがってきました。M君のヒラマサをみて、「おう、いいヒラマサだ」と素っ気なかったですが、結構びっくりしていたようでした(素人っぽいのが釣ってて)。
  結局、そのヒラマサはなんと131?、21.6キロという、巨大なものでした。M君が「この竿で釣った」というと船長は「奇跡だ。奇跡だよ」とビックリしてました。ヒラマサを落としたO君に対して、船長の親父さんには、「素人は勿体ないことするなあ」とあきれてました。今考えると、全くその通りです。しかし、ストリンガーの案を提供したのは私だし、あんなちゃっちい石鯛用じゃあだめだよねえ。いまになっても、O君には悪かったと思ってます。夕食後、部屋に戻ってから、私に気を遣ってか、ひそひそ声で「なんか、下っ腹が痛くない?」「そうそう、竿尻当ててた所でしょ。痛い痛い」とか話しているM君O君を発見して、一人釣れなかった孤独感を感じました(悲)。私が登場すると、その話題を止める気遣いが、むしろ痛かったです(泣)。
  翌日は、エボシ2番で24時間チキチキ釣りレースをしました。素人が大物を釣ったという噂を聞いて、ジモピーが沢山やってきました。が、結局ヒラマサは来ませんでした。初日はたまたま最良のコンディションだったのでしょう。夜釣りでも、満足気に眠る二人を尻目に一人頑張りましたが、ゴマサバの来襲を受け、イサキすら1匹しか釣れませんでした。いまでも、その時の、情けない顔した自分が写ってる写真を見ると苦笑してしまいます。釣れなかった原因は、一人フロロカーボンハリス16号を使っていた(釣った二人はナイロン12号だった)ためタナが深めになっていたからだろうか?とか、夜が明ける頃も頑張ってヒラマサ狙えば良かった、とか、いまだに考えます。
  しかし、神津は夢のような島でした。目の前をマンタが泳ぎ、沖では鯨がジャンプし、足下にはオオカミ級のシマアジがいる。ほんとにすごい島でした。そして、いつか私も巨大ヒラマサ釣りたいなあ。
  




スポンサーサイト
[2005.04.22(Fri) 23:28] 釣りTrackback(0) | Comments(1)
↑TOPへ


COMMENT

10年ひとむかしといいますが、あの時の記憶は鮮明... by 噂のO君
今年は神津でヒラマサしたいね。
本当にしたっぱら痛かったのよ。

コメントを閉じる▲

 ← 岩港でアオリイカ(2005.4.24) | TOP | あの熱き神津島の思い出1

COMMENT

今年は神津でヒラマサしたいね。
本当にしたっぱら痛かったのよ。
[ 2005.04.25(Mon) 13:50] URL | 噂のO君 #79D/WHSg | EDIT |

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

この記事のURL:
http://hajimenoisodurikikou.blog.fc2.com/tb.php/6-13f605e1
 ← 岩港でアオリイカ(2005.4.24) | TOP | あの熱き神津島の思い出1

プロフィール

最新コメント

タイドグラフ

カテゴリ

渡船・船宿など

山関係のリンク

お気に入りブログ

チーム記録

月別アーカイブ

QRコード

ブロとも申請フォーム

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。