TOP > 小笠原遠征(2007.02.13~18)
 ← 鵜渡根「フズシ根」でボチボチ(2007.3.21) | TOP | 外房守谷地磯を偵察(2007.2.10)

リストマーク スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


リストマーク 小笠原遠征(2007.02.13~18) 

2007年02月19日 ()
 東京の1000?南方海上に浮かぶ小笠原に仕事で行って参りました。今回の渡船?は「おがさわら丸」です。エンジン2基で27000馬力!!賀寿丸の20倍ですな!午前10時に竹芝桟橋を出港。そして長い長い船旅が始まります。すぐに昼食の後、ごろごろ漫画を読みますが直ぐに飽きてしまいます。午後6時頃、八丈島沖で日没。夕焼けの八丈島は綺麗でした。そして夕食後就寝。朝、目覚めると異常に腰が痛いです。しかし外には聟島諸島が見えます。父島まであともう少し!ほんと長いです。午前10時頃に父島海域に入ります。2〜4月はホウェールウオッチングのシーズンらしいのですが、直ぐに鯨のブロー(潮吹き)の後、ヒゲクジラが見られます。やっぱすげーぞ!小笠原!Photo_1
 父島二見港に午前11:30到着後、宿泊先のペンション・キャベツビーチへ。水色の塗装が綺麗なペンションです。なんか雰囲気が八丈とは違い、若干異国風です。昼食(タンメン)後、レンタカーを借りてエサのシラガウニ5?を受け取って、洲崎の磯へ。磯の雰囲気は上々ですが、海底はゴロタのようで若干水深は浅めです。さらに開始早々、三脚に搭載したデジカメが海中に転落!!です。萎えます。結局、エサは取られず、不完全!!燃焼です。隣の地元のカゴ釣り師に聞くと桟橋でキロくらいの石垣鯛は結構釣れるとのこと。明日は桟橋で頑張るぞ!
 翌15日は、日の出前に桟橋へ到着。ですが、昨日と打って変わって曇り〜雨&強風です。
[今回のタックル]
ロッド:がま磯インテッサG-IV1.5号5.3m(がまかつ)
リール:トーナメントISO Z3000LB(ダイワ)
道 糸:アストロングレイトNT4号(ダイワ)
ウ キ:IDR鵜澤アラ3B(キザクラ)
ハリス:松田SP競技ブラックストリーム4号(サンライン)
ハ リ:南方太地グレ10号(オーナー)
コマセ:ウニガラ
エ サ:ウニ芯Photo_3Photo_4
 ウキフカセで石垣鯛と遊ぶつもりです。開始して1時間ほどで、良いアタリ!ですが、強風で合わせが遅くなり、根に入られハリス切れです。間違いなく石垣鯛のアタリです。このアタリがもう1回ありますが、強風でアタリが分からず、合わせがやっぱり遅れます。朝7時で終了。仕事へ。仕事の終わった後、また堤防へ。明日乗る「ははじま丸」の後方で釣ります。天気も海も穏やかになりましたが、魚のアタリも遠くなりました。ハタ類とハリセンボンが釣れますが本命の石垣鯛は姿を見せず。残念。Photo_8
 16日は朝から母島で仕事です。2時間の航海です。その間、普通に鯨三昧でした。母島の沖港到着後、宿泊先のペンション・ラメーフへ。ここは母島の渡船「秀明丸」の宿です。女性に受けそうな宿ですが、渡船したくなってしまってしょうがありません。島の北側の「北港」「東港」あたりを釣り場に考えてロケハンしますが、工事で先に入れません。仕方なく、途中の砲台跡を見学。いまだに錆びた砲台が存在しており、ここは戦地だったんだなぁとしんみりします。Photo_5Photo_10
 午後、仕事後、念願の「東港」で釣り開始です。今度はオキアミのウキフカセです。が、支度をしていると、工事の人が来て、「いつまで釣りするの?舗装剥がす工事するからさぁ、22時過ぎまで戻れなくなっちゃうよ。17時までには戻ってきてよ!」とのこと。現在16:30。機関銃のようにコマセを撒きます。すると、アオムロ、オヤビッチャ、イスズミ、ソウシハギといった南方系の魚に続き、60?くらいのヒラアジ系の魚影も。しかし、ハリ掛かりすることなくタイムアップ。撤収しました。夕食後、ヘリポートで星空観察。異常に綺麗な星空でした。Photo_7Photo_9
 17日は母島→父島→東京と計27時間の船旅で帰京しました。父島出港の時、島太鼓で送り出され、さらに湾外まで島の全ての船が併走しながら見送ってくれます。これはホントに感動する。しかし、ほんと腰が痛かった。船酔いせず何よりの旅でしたが、思ったより現地での釣り時間が少なく欲求不満でした。ほんとインテッサは雑魚竿になりそうです。えーん(泣)。しかし、小笠原は素晴らしい!泊まった両ペンションとも食事も美味しくて最高でした。子供が大きくなったら一緒に行きたいなぁ。環境保護とか説明しなくても理解できると思います。釣れなかったけどまた行きたいなぁ。でも片道25時間&船賃往復10万円!だとなかなか行きづらいなぁ。



スポンサーサイト
[2007.02.19(Mon) 22:38] 釣行記(その他)Trackback(0) | Comments(4)
↑TOPへ


COMMENT

肝心な釣りの時間が少なく残念でした。 by masaya
更にデジカメはもっと残念でしたね(^^ゞ
それでもローケーション抜群の小笠原を堪能できたようですので良かったですかね?(笑)

はい(涙)。でも気持ちを切り替えて、早速、念願... by はじめ
はい(涙)。でも気持ちを切り替えて、早速、念願の防水デジカメを物色中です。

せっかくの小笠原なのにねえ。お悔やみ申し上げます。 by o
わたくしは、その週の土曜、猪ノ瀬に行きました。鳴釜で猪ノ瀬に行ったのは8名、うち2名はハナレに、6名は本島に乗りました。僕は6名の方でした。まず、磯決めじゃんけんをしましたが、瞬殺された僕は第6位だったため、裏側に陣取りました。潮は右から左へ、風はやや強く左から右へと逆です。まず、沖の潮流の中を狙ってみました。若干の勉強の甲斐があり、何とか張りを維持しつつ仕掛をなじませながら流してみましたが、どんどん流されるばかりで、溜まってそうなところもわからず、no gainでした。それではということで、近方に狙い変更しましたが、こっちはウミタナゴの絨毯でした。磯際だとか、ひかれ潮ってやつを狙おうにも餌が持ちません。結局手も足も出ず、磯上がりとなってしまいました。ねりっくす持ってたら良かったなあ…。
というわけで、全遊動マイスターへの道、第3回はほとんど進歩が得られず終了です。道は険しいのう…。

 いいなあ、猪の瀬。1回乗りたいなあと思ってた... by はじめ
 3月4日(日)は鵜渡根か神津に是非行こうね。

コメントを閉じる▲

 ← 鵜渡根「フズシ根」でボチボチ(2007.3.21) | TOP | 外房守谷地磯を偵察(2007.2.10)

COMMENT

更にデジカメはもっと残念でしたね(^^ゞ
それでもローケーション抜群の小笠原を堪能できたようですので良かったですかね?(笑)
[ 2007.02.20(Tue) 16:54] URL | masaya #79D/WHSg | EDIT |

はい(涙)。でも気持ちを切り替えて、早速、念願の防水デジカメを物色中です。
[ 2007.02.21(Wed) 17:45] URL | はじめ #79D/WHSg | EDIT |

わたくしは、その週の土曜、猪ノ瀬に行きました。鳴釜で猪ノ瀬に行ったのは8名、うち2名はハナレに、6名は本島に乗りました。僕は6名の方でした。まず、磯決めじゃんけんをしましたが、瞬殺された僕は第6位だったため、裏側に陣取りました。潮は右から左へ、風はやや強く左から右へと逆です。まず、沖の潮流の中を狙ってみました。若干の勉強の甲斐があり、何とか張りを維持しつつ仕掛をなじませながら流してみましたが、どんどん流されるばかりで、溜まってそうなところもわからず、no gainでした。それではということで、近方に狙い変更しましたが、こっちはウミタナゴの絨毯でした。磯際だとか、ひかれ潮ってやつを狙おうにも餌が持ちません。結局手も足も出ず、磯上がりとなってしまいました。ねりっくす持ってたら良かったなあ…。
というわけで、全遊動マイスターへの道、第3回はほとんど進歩が得られず終了です。道は険しいのう…。
[ 2007.02.22(Thu) 17:23] URL | o #79D/WHSg | EDIT |

 3月4日(日)は鵜渡根か神津に是非行こうね。
[ 2007.02.23(Fri) 14:56] URL | はじめ #79D/WHSg | EDIT |

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

この記事のURL:
http://hajimenoisodurikikou.blog.fc2.com/tb.php/77-1505fff9
 ← 鵜渡根「フズシ根」でボチボチ(2007.3.21) | TOP | 外房守谷地磯を偵察(2007.2.10)

プロフィール

最新コメント

タイドグラフ

カテゴリ

渡船・船宿など

山関係のリンク

お気に入りブログ

チーム記録

月別アーカイブ

QRコード

ブロとも申請フォーム

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。