TOP > 西伊豆でアオリイカ(2005.4.28)
 ← 外房小湊地磯で夜釣り(2005.5.7~8) | TOP | 岩港でアオリイカ(2005.4.24)

リストマーク スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


リストマーク 西伊豆でアオリイカ(2005.4.28) 

2005年05月02日 ()
  前回の反省(やっぱりイカは夜だよねえ)を踏まえ、更に一向に進行しない産気を刺激するため、西伊豆(やっぱりイカは西伊豆でしょう!)で再チャレンジとなりました。夜8時出発で、東名沼津まで行きます。嫁が寝てくれれば飛ばせるのですが、今日は起きているので飛ばせません。いつのまにかに御殿場の先が三車線になってる!と喜んだのもつかの間、すぐに二車線に戻りました。だめじゃんJH。いつもの沼津のトージンでエサのアジ君購入です。前回、犬死にが多かったので今回は8匹買います。店のお兄ちゃんは、「江梨が好いよ」といいます。「でも混んでるんじゃない?」「いや、小海が崖崩れで通行止めだったんだけど、今夜開通したから少ないんじゃない?」ということで、久しぶりの江梨漁港を目指します。
  アジをいたわるように、おだやかに運転。いつもこうならいいのに、と嫁は思っていることでしょう。江梨は10年前にイカ狙いでS君などとよく行ったスポットです。当時はエギング専門でしたが、なぜかS君にのみイカが掛かり、その後しばらくS君は「イカ釣り」というと異常に興奮するようになってました。さらに一昨年に甥のM君と来たとき、キロオーバーを逃した場所でもあります。江梨の手前の若松の磯付近は路駐の車もなく、本当に今日は釣り人いないのでは、と思いましたが、江梨にはきっかり4人いました。こっちは妊婦連れだし、ちょっと厳しいと判断して、先に進みます。
  この先で思いつくところと言えば、そう、あの「大瀬崎」しかありません。この場所は呪われた場所というか、いままで2度行って無事に済んだことがないスポットなのです。1度目は車のキーを紛失し、姉が来るまで凍死寸前にまで追い込まれ、2度目は堤防から転落!、と何か相性が悪いのです。「そんなとこ妊婦連れて行くなよ!」と皆さんお思いでしょうが、私は迷信は信じないし、何よりも前回ずぶ濡れになりながらも、イカのアタックは異常に多かったことが脳裏にこびりついていただけです。一抹の不安を感じながら22:30に釣り場到着。誰もいません。ここは下は砂地で海藻もあまりなく、アオリイカの産卵場としては?でしょうか(冬のヤリイカはよいのだけれど)。
  さっさと支度をして、アジを投入。元気に泳いでいます。今日は余裕で竿二本出せます。・・・・しかし、まったく反応なしです。ウキにはアジの生体反応が時折見られるだけです。さらに背後から時折強い風が吹き抜けます。ジュースとか飛ばされ、その度にタモで掬います。1時頃から嫁に陣痛が来ます。車で休んでもらいます。しばらく頑張りますが、撤収です。
  帰り道、ちょっとだけ(といって2時間くらい)、思い出の久連突堤(嫁と初めて釣りした&アオリイカ釣れた!)の様子をみます。ここも反応なしです。疲労感のみ残ります。帰りは、嫁も寝たので荒々しく運転して帰りました。ちょっと、イカに対する情熱が冷めました。やっぱり、乗っ込みのクロダイが釣りたくなってきたよっ。O君、M君、Y君いっちょ、どう?M君と行って釣れたのもGW中よ!

スポンサーサイト
[2005.05.02(Mon) 16:38] 釣行記(伊豆)Trackback(0) | Comments(0)
↑TOPへ


 ← 外房小湊地磯で夜釣り(2005.5.7~8) | TOP | 岩港でアオリイカ(2005.4.24)

COMMENT

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

この記事のURL:
http://hajimenoisodurikikou.blog.fc2.com/tb.php/8-23d7700a
 ← 外房小湊地磯で夜釣り(2005.5.7~8) | TOP | 岩港でアオリイカ(2005.4.24)

プロフィール

最新コメント

タイドグラフ

カテゴリ

渡船・船宿など

山関係のリンク

お気に入りブログ

チーム記録

月別アーカイブ

QRコード

ブロとも申請フォーム

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。