TOP > 新島「ドリカ穴」で健闘!(2007.7.8)
 ← 尾長メジナの炙り寿司 | TOP | 銭州「大ダルマ」&「馬の背」で苦戦(2007.6.28)

リストマーク スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


リストマーク 新島「ドリカ穴」で健闘!(2007.7.8) 

2007年07月10日 ()
 最近、メジナの一匹病(一匹釣れてお終い)に罹っており全快を切に願っておりました(贅沢病?)。それに今年はまだイサキの顔も見ていないし、ということでo君と鵜渡根に行くこととしました。o君はといえば今年は南房白浜の江ノ島、内房富浦の名礁猪ノ瀬から伊豆・伊豆諸島まで幅広く竿出ししていて、最近も八丈島、鵜渡根でしっかり結果を出しています。P7080110_1
 3:30に下田港出発。今日の船は「七島丸」です。喜久丸よりちょっと小さくて揺れがひどそうです。釣り人は我々含め5名と少なめです。揺れまくりであえなくダウン。3回も吐きました。o君も逝ってしまってるようです。やっとの思いで鵜渡根に到着!ですがウネリが大きく船長は無理と判断します。そこで今度は新島若郷港へ入港。エメラルドグリーンの塗装が珍しい?「かねよ丸」に乗り換えます。他の3名を1級磯「ショシの大島(奥の大根)」に下ろし、我々は和田浜手前のショボそうな磯(後にドリカ穴?と判明)に下ろされます。P7080113P7080112
 磯に降りて休憩。まだ体が揺れてます。左に和田浜、正面に地内島が見えます。新島北西部の磯のようです。砂地!です。シマアジや真鯛も来るかもしれん、と前向きに考えます。さあ、釣り開始だっ!
[今回のタックル]
ロッド:がま磯インテッサG-IV1.5号5.3m(がまかつ)
リール:インパルトISO 3000LB(ダイワ)
道 糸:磯スペシャルテクニシャン2.5号(サンライン)
ウ キ:IDR鵜澤アラ3B(キザクラ)
ハリス:松田SP競技ブラックストリーム2.25号(サンライン)
ハ リ:沈め探りグレ8~9号(ハヤブサ)
コマセ:オキアミ12?
配合餌:OKグレ(ダイワ)
エ サ:くわせオキアミスペシャルL&くわせコラーゲン磯(マルキュー)P7080115P7080114_1
 水温は22℃。潮は小潮、11時満潮です。船付けにo君、先端に私が入ります。根回りを攻めるのですが、強風が辛いっ。エサ取りも見えない。つけエサが冷たい。底潮が冷たいのか?しばらく根際を流していると、すぐに手のひら尾長が来ます。その後、強風に苦戦する中、待望のヒット!44?の尾長ちゃんです。記念撮影・血抜きもそこそこに、釣りに復帰。しばらくして同型をゲット!!ようやく一匹病が治りました。o君も先端に来ますが、風にやられ気味。しばらくして、船付けに戻っていきます。P7080118P7080117_3
 潮は利島方向へ速くなり、釣りにくくなります。そんな中、o君が尾長をヒット!しかしタモ入れで痛恨のバラシ!!40?級の尾長でした。その後、私に40?弱がヒットしますが、後は足の裏サイズが多かったです。P7080121
[釣果]
尾長メジナ:38?1.1?〜44?1.3?3匹、足の裏サイズ多数
イスズミ3匹、バラシ4発(はじめ)
尾長メジナ:40?級バラシ、足の裏サイズポツポツ
バラシ数発(o君)P7090124
 今回メインのはずだったイサキは全く出なかったです。ショシの大島の人も、尾長ポツポツだったようです。予想外に尾長に恵まれ、個人的には大満足でした(リールがトーナメントを修理中で今ひとつだったけど)。o君は帰りの車中「あ〜っ」と呻いおりました。尾長は脂の乗りもバッチリで最高に旨かったです。伊豆の地酒「浄連の滝」と天城わさびで最高!でも今度こそイサキに会いたいな。


スポンサーサイト
[2007.07.10(Tue) 08:41] 釣行記(伊豆諸島)Trackback(0) | Comments(2)
↑TOPへ


COMMENT

お疲れ様でした。いやー本当にくやし~!せっかく... by o
しかし船は辛かったッス。フズシに着いた時点ですでにバイタルゲージは黄色、毒のステータス状態でした。そして新島までの30分でとどめを刺され、磯に立った時には、ゾンビとなっておりました(合掌)。
体調最悪を考慮しても、風と流れに極端に弱い(対応できない)という問題点がまた浮き彫りとなってしまったなあ。また勉強しなおしです。
イサキの夜釣り行きたいねえ。個人的にはメジナのリベンジも早急にしたいところです。(また、単独鵜渡根かあ?)でも仲間と行く方が10倍楽しいね。

o君、お疲れさま~。 by はじめ
ほんと根際でしか食わんかったね。
でも、魚は脂乗り乗りでまいうーっでした。
鵜渡根付き合うよう。

コメントを閉じる▲

 ← 尾長メジナの炙り寿司 | TOP | 銭州「大ダルマ」&「馬の背」で苦戦(2007.6.28)

COMMENT

しかし船は辛かったッス。フズシに着いた時点ですでにバイタルゲージは黄色、毒のステータス状態でした。そして新島までの30分でとどめを刺され、磯に立った時には、ゾンビとなっておりました(合掌)。
体調最悪を考慮しても、風と流れに極端に弱い(対応できない)という問題点がまた浮き彫りとなってしまったなあ。また勉強しなおしです。
イサキの夜釣り行きたいねえ。個人的にはメジナのリベンジも早急にしたいところです。(また、単独鵜渡根かあ?)でも仲間と行く方が10倍楽しいね。
[ 2007.07.10(Tue) 14:47] URL | o #79D/WHSg | EDIT |

ほんと根際でしか食わんかったね。
でも、魚は脂乗り乗りでまいうーっでした。
鵜渡根付き合うよう。
[ 2007.07.10(Tue) 20:01] URL | はじめ #79D/WHSg | EDIT |

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

この記事のURL:
http://hajimenoisodurikikou.blog.fc2.com/tb.php/88-a4c3467b
 ← 尾長メジナの炙り寿司 | TOP | 銭州「大ダルマ」&「馬の背」で苦戦(2007.6.28)

プロフィール

最新コメント

タイドグラフ

カテゴリ

渡船・船宿など

山関係のリンク

お気に入りブログ

チーム記録

月別アーカイブ

QRコード

ブロとも申請フォーム

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。