TOP > 南房太海地磯で沈黙(2007.07.28)
 ← ワイン第9回:Ch.Mouton-Rothchild 1970年 | TOP | 外房小湊地磯で玉砕(2007.7.22)

リストマーク スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


リストマーク 南房太海地磯で沈黙(2007.07.28) 

2007年07月28日 ()
 また、プチ夜釣りです。つい行ってしまいました。今回のBGMはオペラです。F.チレア作曲「アドリアーナ・ルクヴルール」(F.カプアーナ指揮、ローマ聖チェチーリア音楽院、1961年スタジオ録音)です。オペラ黄金時代のスーパースターの競演です。レナータ・テバルディ、マリオ・デル・モナコ、ジュリエッタ・シミオナートの素晴らしい歌声を堪能できます。298
 さて、目的地はというと以前、嫁とサヨリ釣りに出掛けて全く生体反応のなかった鴨川青年の家近くの「IB」という磯です。ここから太海の磯ということで分類上、外房ではなく南房になります。駐車場から10分程度のラクチン磯です。少なくともアジはゲットできるでしょっ!
[今回のタックル]
ロッド:IG Hi-speed ベイシス極翔磯1号5.3m(NFT)
リール:トーナメントX2500LBT(ダイワ)
道 糸:磯スペシャルテクニシャン2号(サンライン)
ウ キ:電気円錐B→2B(釣研)
ハリス:松田SP競技パワーストリーム2号(サンライン)
ハ リ:Zeekのませグレ4号(グラン)→広層グレ5号(ハヤブサ)
コマセ:オキアミ2キロ+アミ2キロ
配合餌:アジジャック(ダイワ)
エ サ:生イキくんM(ヒロキュー)
 0時現場到着。先行のかご釣り師も数名います。ここは砂地なのであわよくば巨ギスも!ということで青イソメを付けてチョイ投げ仕掛けも投入しときます。コマセを撒き、本命のアジ狙いのフカセ釣りも開始。タナ2ヒロで始めますが、何にも反応がありません。コマセが聞いてくるとフグ!!奴らハリスだけでは飽き足らず道糸まで噛み噛みするから、電気浮き2個も無くなっちゃったじゃないか!えーん。そして、チョイ投げにもフグの反応が…。
[釣果]
クサフグっ。以上。
 なんかプチ夜釣りもつらくなってきた。行くにしても、つい偵察したくなって実績のないところに行きたくなっちゃうのが悪い癖だ。それより外房にフグ以外の魚はいるのか?遠いけどやっぱり伊豆かなぁ。だってフグいないもんね。ネンブツダイやハタンポ、ムツっ子が懐かしく思えてきたよ。

スポンサーサイト
[2007.07.28(Sat) 05:50] 釣行記(房総)Trackback(0) | Comments(2)
↑TOPへ


COMMENT

伊豆にはフグがいないんですか? by masaya
知りませんでした。
ほんとフグは嫌ですよね、ありとあらゆる餌に反応するし・・・
南房でもほんのわずかな場所ですが、フグがいないか少ない釣り場がありますね。
普段釣り人があまり入らない、そんな場所にそのような所が多いみたいです。

今夜再び南房へ行ってきます。
また釣れるまで帰らない覚悟です(笑)

伊豆にフグがいない訳ではないです。やはりコマセ... by はじめ
伊豆にフグがいない訳ではないです。やはりコマセの良く入っている地磯ではいますが、房総より少ないです。昼はともかく夜釣りでは、体感的には房総の方が10倍多い気がします。伊豆のフグはいても、暗くなると、ちゃんとおとなしくなる感じですね。割といい子です(笑)。

コメントを閉じる▲

 ← ワイン第9回:Ch.Mouton-Rothchild 1970年 | TOP | 外房小湊地磯で玉砕(2007.7.22)

COMMENT

知りませんでした。
ほんとフグは嫌ですよね、ありとあらゆる餌に反応するし・・・
南房でもほんのわずかな場所ですが、フグがいないか少ない釣り場がありますね。
普段釣り人があまり入らない、そんな場所にそのような所が多いみたいです。

今夜再び南房へ行ってきます。
また釣れるまで帰らない覚悟です(笑)
[ 2007.07.28(Sat) 07:08] URL | masaya #79D/WHSg | EDIT |

伊豆にフグがいない訳ではないです。やはりコマセの良く入っている地磯ではいますが、房総より少ないです。昼はともかく夜釣りでは、体感的には房総の方が10倍多い気がします。伊豆のフグはいても、暗くなると、ちゃんとおとなしくなる感じですね。割といい子です(笑)。
[ 2007.07.29(Sun) 07:16] URL | はじめ #79D/WHSg | EDIT |

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

この記事のURL:
http://hajimenoisodurikikou.blog.fc2.com/tb.php/91-e7d638e6
 ← ワイン第9回:Ch.Mouton-Rothchild 1970年 | TOP | 外房小湊地磯で玉砕(2007.7.22)

プロフィール

最新コメント

タイドグラフ

カテゴリ

渡船・船宿など

山関係のリンク

お気に入りブログ

チーム記録

月別アーカイブ

QRコード

ブロとも申請フォーム

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。